深谷昌志先生の近著『子どもの目で見た日本の学校』について

深谷昌志先生より最近出版されたご著書『子どもの目で見た日本の学校』(22世紀アート、2021年3月)をお送りいただいた。444ページの大著である。深谷昌志先生は、1933年東京生まれで、東京成徳大学名誉教授。「日本子ども社会学会」のおひとりである。

著書の内容は、明治の時代から現代に至るまでの161人の自伝(161冊)を集め、それを丹念に読み解き、それを歴史の流れの中に位置づけている。その手法は見事で、学識と卓越した洞察力のある学者のみができる業績である。取り上げられた161人は多様で全国に及び、その生きた時代、出身地や出身階層も明記されており、日本人の生活や意識、とりわけその時代の学校や子ども時代の様子がよくわかる。東京の下町育ちの先生の読み解きには、先生自身の自分史の片鱗がうかがえる。「まとめに代えて」の書かれている提言(①日本の学校は20世紀の優等生、②「受容」から[能動]への教育の視点のコペルニクス的転換を、③小学校では子ども主体の「生活(経験)単元」を根底に据える、④アフタースクールの充実を,⑤発展途上国並みの文教行政からの脱皮を)は、歴史的な多くの自伝を読み解いた知見に基づいた提言だけに、説得力がある。

教職概論 第4回 第5回の記録

「教職概論」(敬愛大学教育こども学科1年生向け)の第4回と第5回の講義メモ(ノート)と学生の解答(コメント)の一部を記録に残す( 遠隔授業)。 第4回のテーマは、「教員の歴史及び社会的側面」,第5回のテーマは「教師の仕事と多忙感」。

 講義メモ(ノート)とは別に、授業資料として講義メモで言及している論稿や新聞記事を、遠隔(KCN)で配信している。 講義メモの最後に、学生への課題を提示している。学生は、講義メモ、授業資料をよく読んで、よく学んでくれていることが学生の解答(コメント)からわかる。

季節の花(その7)

場所により違うのかもしれないが、バラの庭が綺麗な家は減少しているように思う。景気の良かったころは近所にもバラで贅沢を尽くした家がいくつもあった。それは金額の問題だけでなく、手入れもきちんとしたセンスのいい庭という意味である。今は景気も低迷し、人々の気持ちにも余裕がなくなり、庭も放置されがちである。それでもバラは季節になると綺麗な花を咲かせ、通りかかった人を楽しませてくれる。