素直な、優しい心を大切に

どこの大学でも教育学を学ぼうと思う学生は、子ども好きで、心優しい人が多いように思う。学校でいじめられて自殺した子どもが書いた遺書を読んでもらうと、涙を流し自分が教師になったらこのような悲しい思いを子どもたちに絶対にさせない決意する学生が多い。一方、社会学を学ぶとする学生は、そのような心情に一歩距離を置き、子どもは純真だけでなく計算高い面があり、遺書の書き方にもある意図が働いていると読むのではないか。

教育学と社会学の境界領域の教育社会学には2つの流れがある。1つは教育学に近い「教育的社会学」(Educational Sociology)。こちらは教師の為の教育社会学で、教育実践のための社会的条件を探ろうとする。もう一つは社会学に近い「教育の社会学」(Sociology of Education )。こちらは、教育実践には関心がなく、教育やそれを取り巻く社会の仕組みを鋭利に客観的に見ようとする。別の言い方をすれば、傍観者的に、意地悪く、皮肉に教育と社会の関係を見ようとする。何よりも分析の切れ味を大事にする。

私が上智大学で「教育社会学」の授業を担当した時、目指したのはどちらかというと後者の客観的な分析を目指す「教育の社会学」であった。受講した教育学科の学生から、「先生の教育社会学を学ぶと、人が悪くなります」と言われたことがある。当時は、そのことを気にも留めなかったが、この歳になるとそのことが気になる。

人はいつも損得(功利)を考え、差別意識を持ちながらそれを隠し、善意には裏があり、他者や社会の為よりは自分の利益の為に行動するものという人間観や人生観を、教育社会学の授業を通して教えようとしたわけではない。教育を客観的にそして批判的に見ることは大事ということを言いたかっただけである。学生たちが、教育社会学を学ぶにしても、人の善意を信じ、素直な優しい心を、大切にしてほしいと願う今日この頃である。

カテゴリー: 未分類 | 素直な、優しい心を大切に はコメントを受け付けていません。

村上春樹『一人称単数』(2020)を読む

ネットのおかげで助かっていることがある。その一つが、本や映画やドラマの感想を、ネットで見ることが出来ることである。以前であれば、それらを読んだり見たりしてのわからない箇所や、自分の感想が特異なものなのかどうかを確認するためには、誰かにそれを読んだり見たりしてもらったりしなければならなかった。今はネットで検索すれば、すぐ他の人の感想を見ることが出来る。 今回村上春樹の最新刊の短編集『一人称単数』(文藝春秋、2020.7)を読んで、久しぶりに村上ワールドに浸った心地よさと、わけのわからないモヤモヤ感を抱きながら、その理由は何だろうと思ったが、ネットで他の人の感想を読んで、そのいくつかは解消した。それを転載しておきたい。全体には、村上ファンは同じように感じるのだなという印象。

・7つの短編が収められた作品集。どれも村上春樹ワールドがいっぱいで長編にはない楽しさが詰まっていて面白かった。ほとんどの作品に共通するのは、主人公に絡むユニークな女性。村上さんにしか出せない独特の人物像でした。それと、これも全てに出てくる音楽。ジャンルはクラシックからジャズ、ビートルズまで様々だが、物語にぴったりと溶け込んでいてベストマッチでした。歳を重ねてもその作品世界にあまり変化はなく安心した。良い作品集でした。 

・『一人称単数』というタイトルからは私小説のようにも受け取れるが、おそらくそうではないだろう。読者を煙に巻くようなユーモアやウイットに富む独特の文体。忘れ去ってもよいようなたわいもないエピソードから導き出された物語の深さ。私たちは彼にナビゲートされ、いつしか自分も心の深奥へと降りてゆき、ともに懐かしみ、痛みを分かち合い、そしてそれが記憶に鮮明に残る意味を考える。人は皆「一人称単数の私」として存在し、人生の分岐点で様々な選択を強いられる。その記憶の断片から、今ここに存在する私とは何者かを問いかける短編集だ。

・久しぶりの春樹さん短編集です。期待どおり、健在なハルキワールドにしっかりと仕上げてくれています。8編からなりますが、どの話も春樹さんならではの不思議さ、世界観がこのうえなく凝縮されています。やはりなんと言っても「品川猿」が登場したのがハルキストには堪らないですね。

・私小説のような短編集。好きな音楽、応援している野球チームなどはきっと本当なんだろう。だけど、途中からフィクションが混じって本当との境が見えなくなってくる。自分視点で語られること、自分視点だけで完結すること。それが一人称単数なのだろうか。表題作の普段なら着ない服を着ることでの違和感、些細な出来事で見える景色が変わることはわかる気がする。時折訪れる理不尽な虚無感とそこで感じる揺らぎを隠さず見せることもまたこの作品の魅力だと思う。相手の真意はわからないままでも。「東京奇譚集」の続編が読めたことも嬉しかった。

 ・ふしぎな読後感 。途中でこれは小説じゃなくて、 本当にあった話 なんじゃないかって 疑いたくなるような 一人称による小説。 私は好きだったのは、品川猿。 品川猿は群馬県にいるんだって。 やはり村上春樹さんの小説は、ゆっくりと一人で、コーヒーでも飲みながら読むと、2倍も3倍も楽しいよね。  

・「月並みな意見かもしれないが、僕らの暮らしている世界のありようは往々にして、見方ひとつでがらりと転換してしまう。光線の受け方ひとつで陰が陽となり、陽が陰となる。正が負となり、負が正となる。そういう作用が世界の成り立ちのひとつの本質なのか、あるいはただの視覚的錯覚なのか、その判断は僕の手には余る(「謝肉祭Carnaval)より)」そんな手には余る世界は(つまりは春樹の小説は)、今日も謎を生み、だからこそ生きる(読む)に値するのだろう。(https://bookmeter.com/books/16082299?page=1

短編集の最後にあたる「一人称単数」では、終盤、語り手「私」は、ある女性から糾弾されることになる。「私」が「洒落たかっこうをして、一人でバーのカウンターに座って、ギムレットを飲みながら、寡黙に読書に耽っていること」を指して、「そんなことをしていて、なにか愉しい?」と。この気取った「私」の振る舞いは村上春樹的なイメージを戯画化しているようであり、したがって、女性の批判は村上春樹そのものへの批判にも思える。その点が面白い。 ( https://news.yahoo.co.jp/ )

カテゴリー: 未分類 | 村上春樹『一人称単数』(2020)を読む はコメントを受け付けていません。

韓国映画『私の頭の中の消しゴム』(2004)をみる

自分は少しミーハーで流行を追いかけているように思っていたが、そうではないことを知った。15年前に流行った映画のことをほとんど知らなかった。映画『私の頭の中の消しゴム』(2004年)を、ソン・イェジンが主演というので今回はじめてみた。 日本で上映された韓国の興行映画のうち、歴代2位の記録を持つ映画である。当時全く知らなかった 。よくできた映画だと思った。アカデミー賞映画『パラサイト』(2019年)より、出来はいいのではないかと感じた。。今回もネットの解説を転載しておく。

「号泣必至の不朽の名作!『私の頭の中の消しゴム』消えゆく記憶に負けぬ愛エンタテインメント」 「建設会社の社長令嬢のスジンと、建築家志望の建築作業員チョルスは運命的な出会いで恋に落ちる。チョルスは育った環境の違いから結婚を拒んでいたが、スジンの献身的な愛に結婚を決意するのだった。チョルスが建築士の試験に合格し、幸せな新婚生活を送っていた矢先、スジンは自分の家への道順すら忘れてしまうほど物忘れが激しくなる。病院で検査をすると、若年性アルツハイマー症だと診断されて・・・」

「原作は日本のドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』(2001年、読売テレビ制作)。原作では、序盤ですぐに妻の病が発覚し、そこからの家族のストーリーが濃密に描かれているが、この映画ではスジンとチョルスのコンビニでの運命的な出会いから、結婚にいたるまでの葛藤、そして愛情を深めていく過程に重きを置いている。不倫相手の上司に裏切られて心に傷を負ったスジンが、口は悪いが心が温かく純朴なチョルスに好意を抱き、孤独に生きてきたチョルスは、温かい家庭で育った天真爛漫なスジンに惹かれてゆく。お互いに欠けたものを求めるように愛しあい、お互いの傷を癒してゆくのがとても自然に描かれて感動的。また、スジンの説得によって、チョルスが自分を捨てた母親を許すエピソードも、2人の愛の深まりを感じさせる効果的なスパイスになっている。シンプルなストーリーだが、印象的なエピソードの積み重ねが心に残り、2人の愛が美しくドラマチックなほど、スジンがその記憶を失ってしまうことが一層悲しく感じられる。コカ・コーラ、トランプの手品、バッティングセンター、チョルスのローションなどのキーアイテムの織り交ぜ方や、スジンの気持ちの高まりを表現するように流れるオペラやラテン系の音楽も印象的だ。

ヒロインは、ドラマ『愛の不時着』で再びの全盛期を迎えているソン・イェジン。2003年にドラマ『夏の香り』や、映画『ラブストーリー』で人気を博した彼女は、その翌年に本作に出演。不倫に涙して化粧がドロドロに落ちた顔から、お嬢様らしい品のある表情、チョルスの前で魅せる満面の笑顔、病気を知っての絶望に陥った表情、そして記憶を失くした虚無の表情までを繊細に表現し、”メロドラマの女王”との称号を得た。 一方、チョルス役のチョン・ウソンは、ドラマには滅多に出演しない根っからの映画俳優。アウトローのイメージで、男くさい作品に出演することが多かったが、本作ではそのイメージを活かしつつもラブストーリーということで女性ファンが倍増。」(安部裕子 https://allabout.co.jp/gm/gp/1193/)

カテゴリー: 未分類 | 韓国映画『私の頭の中の消しゴム』(2004)をみる はコメントを受け付けていません。

韓国ドラマ「個人の趣向」(全16話)をみる

韓国ドラマ「個人の趣向」(2010年)は、今話題のドラマ「愛の不時着」(2019-20)のヒロインのソン・イェジンが主演のドラマで、今から10年前のラブコメドラマ。「愛の不時着」のソン・イェジンが主演ということで、最近見た人が多いのではないか。ネットで感想をみると、ドラマとしては普通(5点満点の3点台が多い)、主演のソン・イェジンは可愛く、演技が上手、最近のドラマに比べ服装がダサいという評価もある。別の言い方をすれば、ソン・イェジンが20代より30代に素敵になったということである。(ネットより、感想をピックアップする)

「コメディ要素は楽しめた」「ストーリーがありきたりすぎて間のびだけど、ソン・イェジンの笑顔はつい引き込まれる」「可愛くて面白いソン・イェジンの演技に注目です」「愛の不時着セリ役の女優さん、この役の服装が残念、ちょっと痛い」「ソン・イェジンの演技力の幅を知る。ガサツだけどピュアで不器用だけど一所懸命なケイン役を違和感なく演じている」「このドラマに出てくるメインの女優陣は総じて演技力が高い印象」「序盤はテンポ良く進んでいたものの、後半からのテンポがダラけて、回想シーンがやたら多く挟まれてしまったのが残念だった」「個々のキャラクター設定は確立してたと思うけど、ストーリーが予想通りすぎて少し物足りなかった。半分くらいに凝縮させることもできた」(https://filmarks.com/dramas/6126/8716

カテゴリー: 未分類 | 韓国ドラマ「個人の趣向」(全16話)をみる はコメントを受け付けていません。

学生のオンライン(オンデマンド)授業への感想

私が敬愛大学で前期、オンデマンドの形式で行った授業(教育こども学科1年生対象、必修科目 「教育原論」 )の感想を、最終レポートの最後に書いている学生が何人かいる。それはオンライン(オンデマンド)の授業に関してと、授業の内容に関するものである。レポートと一緒のものなので、その分割り引いて読まないといけないが(悪いことは書きにくい)、概ね好評だったので、安心した。

・オンデマンドの授業で初めは不安なことがありましたが、自分のペースで資料を読み、考えることが出来ました。ありがとうございました。 /・前期の授業大変だなと思う時もありましたが、毎回の先生のコメントが力になり、それを糧に、頑張ることが出来ました。本当にありがとうございます。  /・前期の授業は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンラインでの授業だったが、講義ノートや参考動画などの授業資料が豊富で毎週楽しい授業を受けることが出来た。そして、教育原論の授業を通して、はじめて知る知識も多く、成長できた部分が多いと感じた。 

・最後になりますが、前期の授業ありがとうございました。コロナウイルスの影響でこのような授業形態になってしまい残念でしたが、毎授業とても参考になる資料を読み自分自身で考えることができ、本当に楽しかったです。また、武内先生は課題を提出すると、毎回長文のメッセージをくださいました。嬉しかったです。  /・最後になりますが、オンライン授業という先生も慣れない環境のなか、前期の授業本当にありがとうございました。最初は「教育原論ってなんだ?」と内容もよく分からなかったのですが、教育の基本となる内容で、教師を目指している上で、とても重要なことであり、学んだことはこれからも大切にしなければならないと思いました。200~1000字という幅の広い指定文字数で、どのくらい書けばいいのだろう、みんなはどのくらい書いているのだろう、と不安になりながらできるだけたくさん書けるよう頑張っていたので、先生からの毎回の丁寧なコメントがとても嬉しかったです!本当にありがとうございました!  

・教育原論の授業で、教育基本法についてや、アメリカと日本の教育方法の違い、教師の子どもたちへの影響力の大きさを知り、いじめや、差別について考え、知りました。オンデマンドの授業で初めは不安なことがありましたが、自分のペースで資料を読み、考えることが出来ました。ありがとうございました。 /・最初、教育原論って教育の何のことについて話すのか分からなかった。しかし、差別についてだったり、嫌いな物を書いてみてこども理解を図ったりと文章を読むことだけじゃなくて動画や絵を見て考えたり色々な方法で教育について考えられて楽しかった。だが、自分でいじめについて考えてみたり、教師について振り返って考えてみたりと数学みたいに答えがなくどれが正解なのか分からない時もあったがみんなの意見をみてそれぞれ違った意見を持っていて人それぞれだなと感じることが出来た。この先、実際に教員になったときは、周りに先生の様子や子どもと接しながら考えも色々変わるのかなとも思うことが出来た。 

・教育原論は高校までの授業にはなかった教科なので、毎回の授業がとても新鮮で面白かった。今回、教育原論の授業を通して学んだことを忘れず、これからの学習や将来に活かしていきたい。 /・15回の課題を通して教育に関する多くの資料を読んだことで、自分が考えていた思想や子供たちに対する思いがより一層身近なものへと変わった。たくさんの問題がある中で自分はどのようにすればいいのか、何をしたいのかを常に問いながら生きていきたいと感じた。武内先生のHPや資料、講義ノートはとてもためになり、自分が普段あまり考えていなかったことに気付かされた。毎回の課題の反応では、課題を読んだうえで返信してくれていてより楽しく、真剣に取り組もうと思うことができた。これからも考え続けていきたい。    /・テーマとは関係のないことですが、課題提出に対して毎度違う返事を下さりありがとうございました。課題ばかりの毎日でさりげない楽しみの一つとなっており、同級生の友達も同じことを言っていました。前期のオンラインでの授業、ありがとうございました。   

・教育原論の講義について様々な視点から様々なことについて考えることが増え、視野が広がったように感じる。教員になるにあたって、様々なことに関する知識を身に付けることは重要なことだと考える。これからは本や記事などを読み、自分から多種多様な事柄についての知識を身に付ける機会を増やしていこうと思う。より良い教員になれるように日々精進していきたい。     /・前期の約3か月間たいへんお世話になりました。教育原論の授業を通して、教育についての知識を深めることができました。実際の教育活動に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。 ⊡/・一年次の前期の講義、自身の成長に繋がるものがたくさんありました。今回のコロナ禍において、先生におかれましても大変な苦悩がありましたことをお察し申し上げます。私も英語塾の講師として仕事をしておりますが、今回のオンライン授業への転換についてたくさんの課題があり、苦悩の日々をここ半年は過ごしておりました。その中においても、授業の提供、それに付随する改善点や反省点を考えていらっしゃる先生の姿勢に私自身とても惹かれ、たくさんのご慈悲を賜りましたこと、大変感謝しております。

カテゴリー: 未分類 | 学生のオンライン(オンデマンド)授業への感想 はコメントを受け付けていません。