ふるさとの4番(2020年)

今年の敬愛大学の授業でも、「地域社会と教育」のことを扱うところで、西島央氏の考案した「ふるさとの4番」(添付参照)を作る作業をしてもらった。学生はコロナ禍で、自宅に籠る日々が続く中で、地元(ふるさと)への愛着を強めているように感じた。また「変わりばえしない この町 下を向く 若者 古き良き 美しい日本 世界に誇れる 我が国」というように、日本という国に対する愛着も高め、国際性は薄れて、視野が狭くなっているようにも感じた(添付参照)。

理系の男女格差について

朝日新聞の「論座」(2020年11月21日)に山形大学教授の河野銀子さんが執筆した「理系の男女格差が縮まらない日本の問題点―教育環境のジェンダー平等を進めてきた欧米に見ならい、小中高の教育の変革を」が掲載されている。

https://webronza.asahi.com/science/articles/2020110400003.html?page=1  (3日間無料で読むことができる)

河野さんは、この分野を長年研究してきて,学術会議で同種のシンポも企画してきた人なので、説得力のある論が、実証的なデータの提示とともになされている。その一部を下記に転載する。

<日本の男女共同参画の歩みが遅い。女子の理系進路選択や女性研究者支援政策の国際比較研究に取り組んできた筆者にとっては、とりわけ科学技術・学術分野の男女共同参画の後れが気がかりである。 女性研究者が理系分野で少ないことは、程度の差こそあれOECD諸国に共通してみられる問題である。しかし、日本と欧米各国には大きな違いがある。それは、欧米各国では女性研究者の増加を目標とした実効性のある対策がとられてきたという点である。それらは、小中高校における教育のジェンダー問題の解消から始まり、積み残しを明確にしながら段階的に発展してきた。/ その概要を紹介し、日本でとりわけ足りないのは小中高校段階でのジェンダー問題の解消策であることを示したい。女性研究者や研究機関への支援だけでは、科学技術・学術分野の男女格差の問題は解決しないのである。>

<そもそも大学入学時からジェンダー格差がある。女子の大学進学率は年々上昇してきたが、依然として男子より約6%低く、専攻する分野の男女差も顕著である。/ 女子学生の専攻分野を見ると、1986年には人文科学と教育学で過半数を占めていたが、近年3割まで低下した。「医学・歯学以外の保健分野」や「その他」は、6.3%から15.3%へ、1.5%から8.3%へと上昇した。他方、理工系分野に上昇傾向はみられない。理学は2.5%から1.8%に低下し、工学は2.3%から4.9%になったが、1990年代後半の5%台からは下降している。/ 女子の進学は、既存の学問分野に分類しづらい「その他」や、ケアワーク等の資格に繋がる保健分野での伸びが顕著で、理工系の伸びはみられない。専門学校や短大が担ってきた看護師や保育士等の養成が大学でも行われるようになった影響等が考えられる。理工系博士課程に女性が増える基盤は脆いのである。その原因はと考えれば、学部選択以前に着目する必要があり、小中高校での具体的な取り組みが鍵となる。>

千葉のよさ

私の最近のブログを読んでくれた知人より、「千葉を楽しんでいますね」とか「(千葉のよさは)程よく田舎でほどよく都会なところなのだと共感しています」というメールをいただいた。感謝したい。ただ、私は千葉を絶賛しているわけではない。千葉県は保守が強い地盤(風土)だし、昔確か愛知県と共に「管理教育」で有名だったし、文化的に洗練されていない。素朴でいい面はあるが、それに安住していては時代に取り残されるだけである。

今日(15日)のNHKの早朝の番組で、房総半島の外房をタクシーで回るという番組をやっていた。そのコンセプトは朴訥さ素朴さであったが、そんなにいい景色のところもなく、何か物足りなかった。

昨日、佐倉にある国立歴史民俗博物館の傍にある植物苑(https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/plant/index.html)で、菊の展覧会があるというので見に行ったが、江戸時代の菊の多く展示され、園内は昔からの素朴草花や木々が植わっていたが、これは私の幼い頃に周囲で見た光景と変わらず、懐かしいというよりは、貧しく暗かった昔を思い出しただけであった(これは私の感想で、昔を懐かしむ人や草木の歴史を学ぶ人も多いであろう)。気を取り直し(?)人工的な「検見川浜」の夕日を見に行った。

吉田拓郎をYou Tubeで聴く

人は音楽とどのように付き合っているのであろうか。そのことでまず思い出すのは、最初に勤めた武蔵大学で、授業の前にいつもヘッドホーンで音楽を聴いている男子学生がいたことである。その理由を聞いたら、「音楽を聴かないと落ち着かないんです」という答えが返って来た。大分県から来ている学生で、いかつい体格ながら繊細が神経の持ち主で、東京での一人暮らしに必死に耐えるのに音楽の力を借りていたのであろう。

 自分のことでは、(半世紀も前のことだが)自宅に籠り修士論文を書いている時、午前中の最初机に向かった時、ピンクフロイドなどロックの音楽をかけ、作田啓一の文章を読むという作業を30分から1時間ほどすると頭が冴え、その日の文献の読みや執筆がすすんだという経験がある。

 その後、そして齢をとってから音楽とは無縁の生活を送っているが、時々昔聴いたグループやシンガーの曲を、You Tubeで見聞きすることがある。昨日吉田拓郎メロディー( https://www.youtube.com/watch?v=QRwBXtKLyAs)を聴いて、相変わらず、吉田拓郎の曲や人となりには、何か癒されるものがあるなと感じた。 吉田拓郎は「女の人は苦手だ」と言っていたが、南沙織とデュエットしてはにかんで目を合わそうとしないが嬉しそうにしている姿や、日野皓正のトランペットや有名演歌歌手のバックコーラスでの「外は白い雪の夜」の歌(第45回紅白歌合戦、平成6年)は、貫禄があり(ただ歌の内容は何か切なく)、心打たれるものがあった。(吉田拓郎は病気から快復したのであろうか。ラストコンサートがあれば,是非聴きに行きたい。)