月別アーカイブ: 2015年7月

ジャーナリストとしての藤原新也

藤原新也の本を最初に読んだのは、『アメリカ』。アメリカを10ヵ月かけて車で回った旅行記(写真付き)。その後、『印度放浪』『逍遙游記』『全東洋街道』『メメント・モリ』などのインド関係の旅行記を読む。アジアの視点から見た『東 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

山と海とどちらが好き?

山と海とどちらが好きか聞かれたら、当然海と答えたい。 私は、島(佐渡)で生まれ、海の近く(千葉・稲毛)で幼少期を過ごしたので、空気中に一定程度の塩分が含まれていないと、精神錯乱を起こす(?)。 とは言っても、ここのところ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

大学のゼミでの会話、私語

教室での私語というのは大人数の大教室で起こることが多く、少人数の教室や少人数のゼミでは起こることは少ない。 但し、少人数のゼミでも私語が多くて困ることがある。それは私語を許す教員に問題がある場合が多い。 ゼミで、講義者や … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

「意欲のない」子ども・青年について

「学校教育と無気力な子ども」という1993年の『児童心理』に書いた私の文章を今の学生も読んでくれて(学生のレポート)、「子どもの無気力は、今の社会への賢い適応」「青年期になると、大人の目の触れないところで生き生きしている … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

異変を感じる=空気を読む

今の子ども(学生も含む)は、「空気を読む」のがたけているのかしれない。 それを学生のレポートから教えられた。そのレポートは、私の私語論(「現代学生と私語」IDE,1991 年、『学生文化・生徒文化の社会学』第2章)を上手 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。