未分類」カテゴリーアーカイブ

書評について

学会誌や新聞などで、書評をみる機会が多い。書評の書き方のルールがあるのであろうか。一般的には、本の概要を紹介してそれに若干のコメントを加えるというものだと思うが、評者はそれだと面白くないと思うのか、書評を利用して持論を展 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 書評について はコメントを受け付けていません

偶然ということ(その2)

もう少し偶然に関して書いておきたい。{わたくしはなぜ教育の道を志したか}にも書いたが、駒場の大学2年の教養課程から本郷の3年の専門学部に進学する時の最初の希望は、その頃勢いのあった宗像誠也教授や持田栄一教授のいる「教育行 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 偶然ということ(その2) はコメントを受け付けていません

偶然ということ

村上春樹は1949年生まれなので、もう70歳になり、昔を振り返る時が多くあるように思う(若い時からそうだったかどうかは、私にはわからない)。今年の4月に発行された『猫を棄てる』(文藝春秋)の中に、「我々は結局のところ、偶 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 偶然ということ はコメントを受け付けていません

教育研究者と教育政策

今医学の研究者や医者が新型コロナの感染対策の政策にいろいろかかわっている。一方、教育の研究者や実践者は、教育政策とどのようにかかわっているのであろうか。論文や著書や学会発表やマスコミへの発言によって、教育政策に影響を及ぼ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 教育研究者と教育政策 はコメントを受け付けていません

学会大会のオンライライン開催について

日本教育社会学会の第72回大会は、新型コロナ禍の感染防止のため、急遽9月5、6日の2日間オンラインで開催された(参加費2000円)、会場に集まる例年の大会と同様470名の参加があり盛況であった。オンラインの学会には、期待 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 学会大会のオンライライン開催について はコメントを受け付けていません