高等教育研究について

教育研究では、初等中等教育に関する研究は、法律や制度や組織や集団や文化の特質のみならず、カリキュラム(教育内容)や授業の方法や児童・生徒の実態やその指導に至るまで、多くの研究や実践の積み重ねがある。もうこれ以上研究することがないくらいである。それに比して、大学、短大、専門学校など高等教育の分野は、高等教育機関やその学生数の増加は比較的最近のことということもあり、研究の蓄積はまだ多くない。高等教育に関する学会(日本高等教育学会、大学教育学会、初年次教育学会等)がここ20~30年の間にいくつもできて研究が進んでいるが、それでもまだ解明されていない部分は多い。

中央教育審議会の「大学分科会 質保証システム部会」のサイト(https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00173.html)を見ると、そこで議論している内容が載っている。その中の【参考資料3 中央教育審議会大学分科会質保証システム部会基礎資料 (PDF】は、日本の高等教育の推移や統計や主な高等教育に関する答申が載っていて、とても便利である。

本日(1月25日)の会議(第7回)では小林雅之氏(日本高等教育学会会長・桜美林大学教授)が「学生調査を活用した質保証、情報公表について」という題で報告をしている。その報告の資料も掲載されている。その最後には下記のようなことが書かれている。

学生調査と大学の情報公表と大学の質保証のあり方/ ベンチマーキングの必要性と可能 全国レベル(国際レベル)、中間組織レベル、大学レベルの学生調査と情報収集・公表、レベル間の協働、データ共有の重要性/ 全国学生調査など標準的な学生調査の活用/ データコンソーシアムの必要性/ データベースの創設と活用 例 学校基本調査、大学ポートレート/ 大学情報の公表項目の拡大調査とデータベースのフィードバックの確立

大学の質保証の為には、各大学の研究や教育に関するデータや学生調査のデータを公開しそのデータの検証が必要。学生調査の結果を大学教育の質保証の為に使う必要がある。そのようなことはアメリカの大学では進んでいるが、日本ではほとんどなされていないとのこと。国公立大学のデータは学校基本調査で公表されているが、私立大学のデータは公表されていないせいも大きいとのこと。日本の高等教育には遅れがみられる。

追記 1 上記の中央教育審議会の「大学分科会質保証システム部会」の会議の様子はYou Tube で生配信されていて、少し視聴することができた。このような国の高等教育政策の方向を決める重要な会議を、誰もが同時配信で視聴できるとは知らなかったのでびっくり。視聴数は150名くらいだったので知らない人も多いのであろう。他の会議も視聴してみたい。

追記2 各大学の研究の質は、科研費の採択数や金額が、端的に示していると思う。金額は、医学系や理工系がある大学で高くなる傾向があるので、その点は差し引いて考えなければならないが、その順位は各大学の研究の質のランキングを表していると思う。それは、学生の入学難易度の偏差値とはかなり違うランキングで、学生たちの大学選びの参考にすべきデータだと思う(添付参照、ただしこれは私立大学のみ)

文章にリズムやイメージを

歌人の山田航の「『物語』にはどうもノレない」(朝日新聞1月23日朝刊)という文章がなかなか面白しろかった。「どうも私は散文を読むセンスが欠落している」書いている。私自身は 詩歌や音楽を理解するセンスの欠落しているので、この山田航氏とは真逆の位置にいるのであるが、「文章において一番重要だと感じるのがリズムや音韻、その次がイメージ」という指摘には、共感を覚えた。

私は若い頃は多くの小説を読んだが、齢をとるにつれ段々小説を読まなくなってきた。ストーリーを追うのが、齢とともに面倒になってきたせいでもある。「小説は、散文でストーリーを書こうとする」と山田氏は書いている。ストーリーは映像(ドラマや映画やマンガ)で見た方が理解が早い。小説は、時代の速いスピードについていけなくなったのではないか。

評論やエッセイはどうであろうか。それらは小説の核心部分を、短い鋭い(あるいは柔らかい)言葉で的確に指摘し、イメージを膨らませ、批判する。昔、文芸評論家の吉本隆明や江藤淳の文章の切れのよさやリズムに胸のすく思いをしたことがある。

さらに学術論文はどうであろうか。特に社会科学、人文科学系の学術論文について考えてみると、文章のリズムやそこから喚起されるイメージなどは重視されない。それよりは、論理性や実証性や方法論が重視される。したがって、学術論文を読んで、退屈さを感じても、楽しさを感んじたり、豊饒なイメージを膨らませたりすることはない。

「学術論文は、論理や実証性でストーリーを書こうとする」のではないか-これ自体正しい、価値あることとして誰も疑ってこなかった。しかし、それはそんなに価値のあることなのか。それより、感覚を刺激するリズムやイメージの方が大事という見方をしてみてはどうか。研究者もエッセイや詩歌で何かを訴えた方がいいのではないか、ーそんなことを山田氏の文章から考えさせられた。もちろんこれは極論で、受け入れられないと思うが、せめて研究者も書く文章にリズムがあり、読むと心地よく、イメージも膨らむものが多くなればいいと思う。

アメリカについて 教育の無力さについて

戦後の多くの世代にとって、アメリカ(合衆国)は、その経済的豊かさのみならず、社会の仕組み(特に民主主義)や文化も教育もまた人間性や倫理も尊敬や憧れの対象であった。そして、戦後の日本国民にとってアメリカ社会は目指すべきモデルであり、アメリカに少しでも追いつこうと頑張ってきた。

教育の分野でも、戦前の教育勅語のような封建的な考えではなく、アメリカの教育使節団の指導に導かれ、民主主義の精神を学び、市民的倫理的な人間形成を目指した。アメリカは、世界に先駆けて高等教育(大学教育)が普及した国であり、高等教育進学率は群を抜いていた。教育は、特に大学教育は専門的知識を教えるだけでなく、何ごとも疑い、権力に騙されることなく、自由に思考する批判的精神を教える場である。高等教育進学率と人々の民主主義意識や倫理観は相関し、アメリカは常に世界のトップにいた。少なくてもそのように、世界の人々は思っていた。ただ、アメリカのベトナム戦争や日米安保条約などは、アメリカの強権発動で何かおかしとは感じる人は少なくなかったが、全体としては、アメリカは模範とすべき国で、多くの人が、アメリカを研究し、学び、アメリカに留学し、その仕組みや思想や文化を学んできた。

それが、この4年間、そして最近のアメリカの惨状はなんということなのであろうか。アメリカ国民の半分以上がトランプ支持、差別意識も強く、倫理感もあるとは思えない。アメリカの教育、特に大学教育がやってきたことは何だったんだろうと疑問に思う。もう誰もアメリカの学問も文化も教育も模範にしようと思えず、アメリカに留学しようという気もおこらないのではないかと思う。これまで、アメリカの知識人やジャーナリズムが、一部のエリート意見しか代弁せず、それに対してアメリカの中下層の白人の意見をトランプが代弁してきたということもわからないではない。それにしても、日本のマスコミが伝えるトランプそして共和党、その支持者の人たちの言動は、私たちが、これまでにアメリカ人に対していだいていたものと全く違う。アメリカにいる進歩的な知識人たちが、トランプ政権に、有効な抗議をしたというニュースも聞こえてこない。アメリカに対する失望感は大きい。そして高等教育の一番普及したアメリカという国で、トランプ支持者が国民の半数もいるということに驚く。教育はそんなに無力なのかと。

追記 上記は、少し極端に書いたもので、別の側面もたくさんあるであろう。

アメリカの建国の歴史から考えたら、ことはそんなに単純ではないのだろう。内田樹の最近の講演「市民社会とコモン」を読むと(http://blog.tatsuru.com/2021/01/19_1043.html)、「トランプは典型的なリバタリアンです。リバタリアンにとって最も大切なのは「自由」」です。公権力が介入してきて自分たちの考えや行動を規制することに徹底的に抵抗する。」というように、トランプ支持者が「自由」を求めていた側面もある。 

日本の知識人の中にも、トランプ支持の人は少なからずいる(添付参照)。

 私も過去のブログで、アメリカの教育や大学の素晴らしさに関して、wisconsin での1年間の体験から書いている(2018年7月16日参照)

学生の為の大学

大学は最初「制度(組織)の為の大学」であり、次いで「教授の為の大学」になり、その後「学生の為の大学」であるべきと考えられてきた(リースマン,喜多村和之)。しかし、何が学生の為になるのかは学生自身がわかっているわけではなく、それを大学や教授が考えるということで、いつの間にか「学生の為の大学」は忘れられていったように思う。そのような中で、法政大学の田中優子総長の最近の「大学論」は、新型コロナ下の大学のあり方を、大学や教授の為ではではなく学生の視点から考えているように読める(下記、日経新聞より転載

時代劇の不思議 

今のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」もそうだが、時代劇を見ていていつも不思議に思うことがある。それは,上に立つもの(殿さま等)の生きざまが描かれ、武士の鏡のような潔い生き方で、負け戦とわかっていても筋を通すために戦い敗れ自害するあるいは討ち死にする姿がよく描かれる。そのドラマを観て、人々はその殿様の自分の信念に殉ずる真摯な生き方に称賛を送る。

私が不思議に思うのは、家臣たちとりわけ足軽で上の命令通り動かざる者たちが、殿様の意向に添い、無意味に戦い、次々と殺されていくことである。彼らにも意志や心はあるはずなのに、それは描かれず兵の数としかカウントされない。主君のこだわり(くだらない意地のことが多い)の為に、なぜ多くの人(兵)が殺されなければならないのかと思う。戦うのであれば、大将同士が、素手でも武器を持ってでもいいから戦い、それで決着を付ければいいと思う。(そのような西部劇はあったと思う。またウォーター・ヒル監督の『ストリート・オブ・ファイヤー』(Streets of Fire)(1984)もボス同士の一騎打ちで戦い、一人も死なない)

これは、近代以降の戦争に関してもいえて、多くの国民が、国家元首の意地の為に、殺し合いをする必要はないと思う。もちろん近代の戦争は、国の利害が絡んでいるのであろうが、その勝ち負けを決めるのに、総国民が戦う必要はないのではないか。元首同士が、拳銃の決闘でも、素手の殴り合いをすればいい。代役をたててもいい。何故そうしないのか、不思議である。その方が、よほど双方に損害は少ない。

何故、我々はトップに立つものが、多くの家臣や国民(住民)をその意向に関わらず戦わせ、死に追いやり、自分の信念や意地に殉ずるのを称賛するのであろうか。自分がただ殺されるだけの足軽や国民(住民)だと思わないのであろうか。時代劇の中でも、忠臣蔵は、主君の為に戦う家臣の苦しみや葛藤が描かれているのでまだましである。近代以降の戦争映画では、「プラトーン」が、将軍たちではなく、戦う兵士の苦悩を描いたという点で評価できると思う。