9月入学について

学校や大学の休校が続き、これからは9月入学にしたらと話題になっている。全く白紙の状態から4月入学と9月入学とどちらがいいと言われたら、世界標準の9月入学がいいという意見になるであろう。しかし、長年やってきた4月入学制度を、9月入学に変更する為には、さまざまな問題を解決しなければならない。その余力が今の日本にあるのか。

桜の咲く頃の入学式という日本人の伝統的な季節感の変更は我慢するとしても、移行期の経済的費用(損失)は、どのくらいになるのであろう。特に私立の教育機関がその移行期の損失に耐えられるかどうかが大きいであろう。私学の幼稚園、保育園、小中高校、そして大学、専門学校は次の年の4月から8月までの5か月間、児童・生徒・学生が入ってこず、収入が大幅に減る。弱小の学校法人は倒産するであろう。教員や事務職員の給与も払えない。個人レベルで言えば、非常勤講師はその半年間授業がなく、生活に困窮する。高校、専門学校、大学の卒業生も、卒業が半年遅れ、その間の給与が得られず、困窮するものも多いであろう。この間に生じた財政・給与補償を国や地方自治ができるのか。そのような財政的な余裕はあるのか。

以前にも9月入学が日本でも検討された時期があった。特に大学では留学や留学生の受け入れで、世界標準の9月入学の方が適している。それで、大学はそれまで4単位の1年間継続の授業は廃止し、2単位の半年単位の授業ばかりになり、秋卒業の制度を取り入れているところも多い。したがって、大学は9月入学でも対応できるが、問題は移行期の財政の損失をどうするかであろう。

秋入学に関しては、変更するには、休校の続いた今の時期しかないことは確かである(教育格差の是正になる)。ただ社会の他の分野の(会計)年度との関係など、多くの問題があり、しっかりした議論が必要である。私のブログでは8年前にそれに言及したことがあったので、再掲しておく。

入学時期の歴史 ( 2012年4月24日) ― 秋入学が東大が言い出し、少し話題になっているが、「そもそも明治・大正期の50年近い間、日本の大学は秋入学だった」という記事が2012年4月4日の東京新聞に載っている。東大名誉教授の寺崎昌男先生の「東京大学の歴史」にその記載があるという。確かに漱石の「三四郎」(1908年)でも主人公の大学がはじめるのは9月だ。一方、高等師範学校が1887年に4月入学に転換している。その理由は、東京の小学校は4月入学、役所の会計年度と合わないなどの理由の他、「1886年に徴兵制期日が9月から4月に変更され、9月入学では新入生の徴兵猶予が受けられず、健康で学力の高い人材を軍に取られてしまう」という理由からだという。そして東大も1921年(大正10年)から4月入学に移行したという。このような、入学時期の変遷の歴史を知ると、「昔に戻せ」というよりは、優秀な人材を教育界が確保した「4月入学への転換」は評価されるべき歴史のような気がする

追記 新聞でも、9月入学に関しては賛否両論掲載されている(柳沢幸雄「長期的に見て大いに利点」朝日新聞、5月5日、「読者投稿欄」5月6日等)。留学や海外との交流を理由に挙げるのは、エリート的な観点過ぎるような気がする。学習指導要領やそれに基づいて作られる教科書も4月からの学校の始まりを想定しているであろうから、その全面的な改定は大変である。9月入学は、この間の家庭学習格差が埋められる、入学試験で雪が心配ないなどメリットはあるが、デメリットも多くあり、安易に決められることではない。季節の流れに基づいた1年間の生活のリズムも、日本人の心と体に根付いており,それを崩すと精神のバランスを壊す人も多く出るのではないか。(季節感のない人は大丈夫だと思うが)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク