投稿者「takeuchi」のアーカイブ

今 学歴社会は?

かって日本の教育の諸悪の根源は「学歴社会」にあると考えられた時代がある。それだけ、就職や昇進に学歴がものをいい、学歴競争も激しかったのであろう。今はどうなのであろうか。都市の高所得者層の子どもを中心に早期の「お受験」はあ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 今 学歴社会は? はコメントを受け付けていません

韓国ドラマ「彼女はキレイだった」を見始める

2015年の韓国ドラマ「彼女はキレイだった」をネットフリクスで見始めた。最初「なんか失礼な題だな」と思ったが、ストリーを知って納得した。女性が「キレイ」ということはどういうことなのかといろいろ考えさせられた。男はキレイな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 韓国ドラマ「彼女はキレイだった」を見始める はコメントを受け付けていません

書評について

学会誌や新聞などで、書評をみる機会が多い。書評の書き方のルールがあるのであろうか。一般的には、本の概要を紹介してそれに若干のコメントを加えるというものだと思うが、評者はそれだと面白くないと思うのか、書評を利用して持論を展 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 書評について はコメントを受け付けていません

偶然ということ(その2)

もう少し偶然に関して書いておきたい。{わたくしはなぜ教育の道を志したか}にも書いたが、大学2年の教養課程から3年の専門学部に進学する時の最初の希望は、宗像教授や持田教授のいる「教育行政」学科に出した。ところがそこは文Ⅲか … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 偶然ということ(その2) はコメントを受け付けていません

偶然ということ

村上春樹は1949年生まれなので、もう70歳になり、昔を振り返る時が多くあるように思う(若い時からそうだったかどうかは、私にはわからない)。今年の4月に発行された『猫を棄てる』(文藝春秋)の中に、「我々は結局のところ、偶 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 偶然ということ はコメントを受け付けていません