雛人形、雛祭り

家に女の子がいるわけではないが、家の雛人形を1年に1度くらいは、明るいところに出してあげないと可哀そうと思い、飾れる場所を探し、飾った。。
世の中の女の子に幸せを願って。

<3月3日の「桃の節句」は、七草・端午・七夕などと並ぶ五節句のひとつです。「桃の節句」とは、正しくは「上巳(じょうし、じょうみ」の節句」といいます。3月の最初の巳(み)の日を指し、のちに3日に定まっていきました。
中国ではこの日に川で身を清める習慣がありました。それが平安時代に日本に伝わり、草木、紙や藁で作った素朴な人形に自分の厄災を移し、海や川に流してお祓いをする「流し雛」の習慣となりました。
貴族階級の子女の間で始まった「ひいな遊び」と言われる人形遊びと「流し雛」が合わさって、「雛祭り」の原型となったと言われています。これが江戸時代に庶民にも伝わり、女の子のお祝いの儀式として定着していったそうです。
「桃」の節句と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つとされてきたからだとか。
雛人形を飾り、災いがふりかからないように、また、美しく成長して幸せな人生を送れるようにと、女の子のすこやかな成長を願う行事へと変化してきました。>(http://tg-uchi.jp/topics/4017)

IMG_8562

カテゴリー: 未分類 パーマリンク