新型コロナウイルス禍(その3)

相変わらず、テレビをつけると新型コロナウイルス話題が多く、さまざまなことが語られ、またその語りも状況の変化に合わせて変化しているので、どのように考えたらいいのか、戸惑う。専門家の医者が書いていることで、印象に残った「語り」を書き留めておきたい。

1自らの免疫反応がうまく働けば自分を守ることができると言える。免疫力のない高齢者や持病のある人が、重症化しやすい。そのような人は病院に早くいく必要がある。2 軽い風邪症状なら医者に行かないで自宅で療養した方がいい。病院に行っても特別な治療はない。十分な睡眠とストレスをためないようにして免疫力を高めておくことが重要。3 つばを飛ばし合うような状況をできるだけ避けて,汗や唾液の霧が漂うような空間に身を置かない。目鼻口,食べ物,食器を触れる前に必ず手洗いをする。 4 多くのウイルスは一度感染すると免疫ができて、そのウイルスにかからなくなるか、感染しても症状が軽くなるようになる。多くの人が感染し集団免疫ができれば、近い将来は普通のかぜとして組み込まれて行く。このような集団としての病気への抵抗性のことを,集団免疫と言う。集団免疫ができれば、感染は終焉する。5 イタリアでの死者の異常な増加は、キス、ハグ,握手など生活習慣に関連して急激に感染拡大して,結果として医療機関のキャパシティーを超えたことが原因と言われている。医療システムが崩壊するとその病気で亡くなる人より診療不能となって別の原因で亡くなる人の方が多い。発症人数のピークを抑え、医療システムの崩壊を防ぐことが重要。

藤原新也も、公開のshinya talkで、独自の見解を、公開している。www.fujiwarashinya.com/talk/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク