教育社会学会参加記(その4)-学力と社会的格差の研究

馬居政幸氏(静岡大学名誉教授)・西本裕輝氏(琉球大学)の発表(「沖縄における離島と本島間の学力格差―学力調査が及ぼした影響に焦点をあてて」は、教育社会学の主流の「学力と階層格差」論への批判を含んでおり、興味深いものであった。

馬居氏は、次のようにも鋭く指摘している。
「学校の授業過程で生じている事象への実証調査は、教科教育の世界との格闘がなければ、実態とのせめぎ合いにならない」「教育(社会)学的視点から論ずる学力観”と”教科教育が前提とする学力観”は似て非なるもので、二つの集合は重ならない部分が大きい」「教育社会学だけでなく、教育研究者のなかに、学校現場での指導案作りや発問、板書、見取り、声掛け、机間巡視などの基本ワードの機能を実証的に検証する研究どころか、その必要性の自覚すらなかったのでは(ないか)」「欧米の研究調査報告での内容を日本に適用することはあっても、その妥当性を日本の学校教育の現場に即して検証する試みがどれだけ重ねられたでしょうか。」「貧困ファクターでは、地域間格差を説明することはできません」 (いただいたメールより転載)
 
馬居氏の当日配布レジメに加筆修正したものは公開可ということなので、下記に添付する。
学校の中で起こっていることをブラックボックスにするのではなく、カリキュラムや教師の教科指導の仕方まで、実証的に検証しようとする馬居氏らの研究は、学力と社会的格差研究に大きな一石を投じるものになるであろう。

③171022馬居発表後加筆PPT×2pdf

カテゴリー: 未分類 パーマリンク