学生の発表のレベルアップ

敬愛大学での「メディアとこども」の授業では、「子どもの音楽文化」(岩田遵子著)(『消費社会と子ども文化』8章)のグループ発表があった。
なかなか工夫されたレジメ(下記参照)で、さらにパソコンを持ち込んでの、日本のわらべ歌の映像(http://www.nihonwarabeuta.jp/)やアニメ音楽を流すなど、工夫されたいい発表があった。 前の優れた発表に影響され、発表がどんどんレベルアップしている。グループのチームワークもよく、発表者の得意な分野を生かしている。

子どもの音楽文化

カテゴリー: 未分類 パーマリンク