大学教員苦難の時代(?)

これはある非常勤の先生が言っていたことであるが、こんなことがあるのか?
 ある大学で、学生の受講態度を注意したら、その学生が怒って、受講者全員にその先生の授業評価で最低点を付けるように呼びかけ、それが実行され、その評価を見た教員は、ショックで自殺してしまったという。
 「学生に対する注意の仕方を考えなくてはならない時代になった」というのが、その先生のコメントであった。それに対して、ひとりの先生は、「学生も息抜きの時間が必要で、自分の授業では私語をしない限りどのようなことをしても許容している」とのことであった。 大学教員も大変な時代になっている。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク