大学の研究室の意味

大学教員にとって、研究室(個室)の存在は、ありがたい。
しかし、大学教員に個室があてがわれるのは当たり前になっているので、その有難味はなかなか感じことができない。その証拠に、研究室の利用率は極めて低い。
定年になり、研究室がなくなって、はじめてその有難みがわかる。

一般に大学の研究室の広さは、せいぜい15〜20平米なのでそんなに広くはないが、本箱を置き、本や資料を置き、インターネットや電話は自由に使えるし、冷暖房費もいらない。誰にも邪魔されず、本が好きなだけ読めて、インターネットが使え、いろいろな作業も出来て、こんな有難い空間はない。
私は、武蔵大学、上智大学と30年間に渡り、高層の景色のよい部屋を宛がわれ快適だったが、家からの距離が遠かったので、授業のある日以外、行くことがあまりなかった。(定年後、その有難味がわかった)
今勤める敬愛大学の研究室(個室)は、家からも近く(車で5分)、高台の6階にあり、展望もよい。廊下から、稲毛の浜と天気がよければ富士山や日の入りが見られる。
この研究室で、今日も数時間過ごしたが、冬休みということもあって、教員をほとんど見かけなかった。多くの教員が東京在住なので、千葉(稲毛)まで、用もないのに来ることはしないのであろう。
大学教員にとって、学生との個別相談や学生に対する個別指導もするので、個室の存在が欠かせない。しかし、それは少し建前かも知れない。
敬愛大学の場合、学生が教師を敬遠して(遠慮して?)、あまり訪ねてこない。その分、研究室にいても誰にも邪魔されず、自分の時間が取れる(武蔵大学にいたときは、ゼミの学生がよく研究室に遊びに来た。私の部屋に置いてあったジャック・ダニエルを飲みに来る学生もいた。上智大学の時は、院生やゼミ生がよくいろいろな相談に来ていたし、また同僚の先生が来て話し込むことも多くあって、研究室はゆっくり本を読んだり思索する場ではなかった)
それにしても、利用率が低い研究室は、とても贅沢な空間だと思う。そのような贅沢さが、大学には必要なのだが。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク