今の大学生の一日

今の大学生はどのような一日を送っているのであろうか。
T大学子ども学部の学生に、1980年代の「武蔵太郎君の一日」と、1990 年代の「上智HANAKOさんの一日」の例(写真参照)を示して、「T大学○○さんの一日」という文章を書いてもらった。(回答者80名。主に2年生)

それを読むと、今の学生の一日のスケジュールが極めてタイト、つまり多忙なことがわかる。起床時間が早く就寝時間が遅く、睡眠時間は極めて短い。

起床時間は5時台が7人(9%)、6時台40人(50%)、7時台28人(35%)、8時台5人(6%)と、会社勤め並み。

就寝時間は、11時前2人(2%)、11時台11人(13%)、12時台24人(30%)、1時台20人(25%)、2時以降14人(18%)、不明9名(12%)と、12時以降が 73% と遅い。

平日にアルバイトしている学生も多い(80人中36人、45 %)。

これでは、授業中に眠くなるのは無理もないと思った。
今の大学生は、昔の学生のように、大学時代は人生の息抜きのモラトリアムの時期でゆったり過ごすというよりは、猛烈サラリーマン(&ウーマン)の予備軍のように、ハードなスケジュールをこなしている。
これも、若さゆえに出来ることなのであろうが、少しかわいそうな気がする。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク