教育課程論 講義メモ(11月8日)

今日のテーマは、新学習指導要領に基づく授業の例やヒントということです。まず、前回の「ふるさとの4番」関係のことから、説明します。なぜふるさとを扱ったかですが、教育基本法の第2条の五に、「伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する態度を養うこと」という文言があり、これが、国語や社会や家庭科や音楽などの教科書に反映されているからです。このことを音楽の分野で皆さんにも「主体的に」考えてもらいたいと思いました。その内容をお互いに共有することが「対話的に」なると思います。皆さんの作った「ふるさとの4番」の 全員のものプリントしましたので、それを見てください下さい(下記添付)。それぞれよさがありますが、ゲーム感覚で2つ心打たれるものを選んでください。さらにこれを「深い学び」に結びつけるために、2つの補足をしたいと思います。

一つは、藤原新也が書いている東北の大震災、それから発生した原発事故との関係です。福島の人たちは、ふるさとを失っています。このふるさとを失うことと日本の国土を失いことのどちらが重大なことなのかという問題提起をしています。それを読んでか考えてください。当時神田外語大の学生が作った「ふるさとの4番」も見てください。その関連への言及があります(下記添付参照)。これの起草者の西島さんからは、国家(ネーション)とふるさと(カントリー)は違うというコメントをもらっています(前掲)。

もう一つは、これを教材にして、授業にするには、どうしたらいいのかということです。ふるさとの歌ではないのですが、数え歌をつくる教育実践があるので、それを紹介しておきます。これは、東書教育賞の昨年の小学校の部門で優秀賞を受賞した実践です。(添付参照)。これを例に考えてください。

今日は、「主体的で対話的、深い学び」になると、私が思った授業をyou tubeで見てもらいます。藤原新也「課外授業」(https://www.youtube.com/watch?v=O6xyn4Qv–A)です。その内容に関連するのですが、you tubeを見る前に、嫌いなものの絵を書いてください。その嫌いな理由も書いてください。関連したことを以前ブログに書きそれもコピーして配布しておきます(添付参照,再掲あり)


追記1 学生の書いたリアクションの1部は、下記(再掲)。

追記2 「ふるさとの4番」の投票結果。多い順

32番(10票)、3番、33番(8票)、19番(6票)、2番、14番(5票)、7番、17番、28番(4票)、8番、11番、16番、27番(3票)以下略。(投票数の多い歌詞を以下に掲載する)

32番 独り立ちしたいと 親とケンカした日も 今となれば 懐かしくて 家族恋しふるさと/3番 家を出ると おはよう すれ違えば こんにちは 夕焼け背中に ただいま いつもありがとう ふるさと/33番 ミッキーマウス 夢の国 あとはそうだね なんだろう そうだね なんだっけ そうだね そうだ! あれだ あればょー/19番 過去の町は 消え去り 勤め人は 外人 時の流れは 無愛想に移り変わる ふるさと/2番 歴史古い 街並み 休日は観光客 他に何もないけれど ステキな町 ふるさと/14番 韓流の引き金 新大久保 好きだった飯屋が また閉店 そして今では タピオカ屋が並び 流行に染まる ふるさと/7番 日本で一番古い町 アウトレットもできたよ おじいちゃん おばあちゃん いっぱいいるよ 大好きだな ふるさと/17番 電子レンジ 押すだけ 冷めたごはん あたたかい 電気ポット あったかい ルンバルンバ ふるさと/28番 駅はうるさい 朝から じいちゃん酒を 飲んでる 若者は タバコポイ捨て 私の地元 治安が悪い

カテゴリー: 未分類 パーマリンク