韓国映画「パラサイト―半地下の家族」の評価

今年度のアカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト」を見た(劇場ではなく、レンタルしてパソコンで)。私の感想はともかく、見た人の評価をネットで見てみた。アカデミー賞を獲得しただけあって、専門家の評価はきわめて高い。一般の人の評価はどうであろうか。

1つのサイト(https://eiga.com/movie/91131/review/)で見ると、だいたい5点満点の5か4の称賛が7割、3の中間が1割、2か1の酷評が2割という割合で、一般の人の評価もおおむね高い。

その中身を見てみると、称賛(4&5)は「経済格差を縦の構図を巧みに用いて描いた演出センスに脱帽する。何から何までセンスが良い作品だ」「貧富の差の拡大というグローバルに深刻化する問題を取り上げ、予測のつかない超一級のエンターテイメントとなった」「最初から最後まで引き込まれ、あっという間の2時間。エンディングも最高」。など。中間(3)は「面白いが、深さ・鋭さには欠ける」、酷評(1&2)は「目で見るだけの映画 何も入ってこなかった!共感する事もなく感情移入する事もなく 考えさせられる事もない」「パラサイトは刺激的ではあるものの素材が調和していない感がある。最終的に富裕層も貧困層も救われず、後味も最悪な映画だった」「評判がよかったから期待してみたけど、本当につまらない作品。色々な感性があると思うがこれを面白いと評価する人が信じられない。時間の無駄。アカデミー賞もたいしたことない。」などである。

全体では称賛が多いが、そうでない評価も少なからずあり、同じ映画でも見る人によって評価が違うことがわかる。 これは本や音楽についても同様に言えることであろう。

このことから、自分が好きや感動したからと言って人に薦めると,迷惑がられることがあることを自戒しておこうと思った。(とかく教師は自分の好きな本やドラマや音楽を学生に無理やり押し付け勝ちであるので)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク