犬と子ども

家で飼われているペット(犬)は、いつも家族の愛玩の的であり、関心が持たれ可愛がられる存在である。しかし、そこに小さな子どもが侵入してくると、家族の関心がそちらに行ってしまい、自分の存在位置が脅かされる。
うちの犬(ソフィー)も、小さな子どもの侵入で、存在感が薄れ、いつもさびしい顔をしている。
ソフィーは、自分の位置を奪った小さな子どもに対して、どのような感情をもっているのであろうか。ライバルと思っているのであろうか、それとも弟のように思っているのであろうか。一度聞いてみたい気がする。

DSC_0548

DSC_0541

DSC_0542

カテゴリー: 未分類 パーマリンク