映画「かぐや姫」を観る

スタジオジブリの高畑勲監督の「かぐや姫」(2013年)をテレビで観た。
このようなアニメ映画を作るのに膨大な年月(8年)と人手それに費用(50億円)がかかっているという。
「日本の四季と豊かな自然の中で生き、時に荒々しく感情を爆発させ動き回る、かぐや姫を生身の人間として描いた物語であり、心に刺さるリアルな物語でもあった。ざっくりした描線で描かれたキャラクターと水彩で描かれた美術が美しく融合する。個人作家が用いる手描き線を生かす表現は、長編アニメーションでは困難を極めるが、高畑監督はこの表現にこだわり抜き、日本のアニメーション界の素晴らしい画家たちの力を結集し実現させた」という評がネットで紹介されているが(https://ja.wikipedia.org/wiki/)、その通りなのであろう。
ただ、登場人物がかぐや姫を含めあまり魅力的な人がいないのが、残念であった。
これは高畑監督の女性観や人生観なのであろうか。
描かれたかぐや姫は幼い頃は活発で自由奔放であり、成長して知的な美少女になるが、周囲の意向に合わせる控えめな日本女性になり、魅力的でなくなってしまう(ように思う)。
これは、昔の日本の男の描く理想的女性像としては当てはまるかもしれないが、時代錯誤を感じる。
高畑勲監督はこの映画で何を描きたかったのであろうか(「姫の罪と罰」?)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク