岡崎友典氏の古希を祝う会、退職記念の会

昨日(2月20日)、友人の放送大学の岡崎友典氏の古希と退職を祝う会が、東京ガーデンパレスで開かれた。会の発起人の一人として参加した。
岡崎氏の人柄と交際範囲の広さを示すにぎやかな会であった。岡崎氏が長年放送大学で教えた学生、院生が中心の会であるが、岡崎氏の出身の東京学芸大学や東京大学大学院の先輩・後輩、さまざまな仕事仲間、学会関係者が集まり、岡崎氏の古希をお祝いした。
ご家族(奥様と息子さん、娘さん)も駆けつけ,岡崎家の家族愛を感じた。うちの娘(AO AKUA)も参加し、お祝いの歌を歌わせていただいた。
「古希を迎えられること、また定年まで無事勤められるということは、健康やもろもろの事故のことを考えると、大変幸運なことで感謝しなくてはいけない」とある先輩から言われたことがあるが、その通りで、この歳まで無事生き、働けたことはラッキーと思い、その幸運に感謝しなければいけない。岡崎氏のこれからを見守りながら、友人として、支え合い、これからの人生を歩んでいきたい。

IMG_1685

IMG_1691

IMG_1723

IMG_1705

IMG_1716

IMG_1718

大学で2年先輩のNさんより、下記のメールをいただいた。Nさんとは、四半世紀前、恩師の清水義弘先生の古希のお祝いの会に、家族連れでご一緒したことがある。

<まだ、昨夜の温かく盛大なお祝いの集いのにぎわいと感動の中にいるようです。久しぶりに懐かしい方々と再会できた喜びに加えて、岡崎さんのお人柄とこれまでのご業績に連なる素晴らしい方々を身近に知った事による、忘れ難い出会いも、本当に素晴らしかったです。お嬢様や我が子も含めて、小さい命だった子どもたちの成長にしみじみとした感慨を覚えておりました。>

カテゴリー: 未分類 パーマリンク