学校社会学研究会プログラム(再掲)

第34回 学校社会学研究会が、今日から、関西大学のセミナーハウスで開催される。これから支度して、新幹線に乗り、彦根に向かう。当日参加も可能。暇な人はどうぞ。参加費500円。

会場:関西大学セミナーハウス「彦根荘」

http://www.kansai-u.ac.jp/Jigyo/seminar/hikone/hikone_gai.html

(JR琵琶湖線彦根駅からバス約15分)

8/27(土)12:30~ 受付

13:00~13:30  開会のあいさつ 自己紹介

13:30~14:20  「チーム学校を自然に実現できるようにするための教師教育の方法の考察 ~養護教諭を教師教育導入期にゲストスピーカーで招く試みを検証しながら~」 坪井龍太(東洋英和女学院大学)

14:30~15:20  「「移民第二世代」とオルタナティブな学校文化」

ケイン樹里安(大阪市立大学大学院)

15:30~16:20  「治療共同体運動の展開と現状 ―生徒指導実践への応用から考える」  古賀正義(中央大学)

16:30~17:20  「部活物語における成長の「語り」:文化部の場合」

白石義郎(久留米大学)

18:00~20:00  懇親会

8/28(日)

9:00~9:50 「教職員、児童・生徒の教育活動を支える学校・校舎 -校舎改修、空間改変にみる現場のニーズ-」  藤原直子(九州大学)

10:00~10:30  「『共創社会の教師と教育実践』―「教師と教育実践」論への教育社会学的視座―」   名越清家(福井工業大学)

10:40~11:40 「教育における対話とフィードバック」

児玉英明(京都三大学教養教育研究・推進機構)、鷲北貴史(高崎経済大学)

11:40~11:50 総会 閉会のあいさつ

世話役  山本 雄二(関西大学)  冨江 英俊(関西学院大学)

問い合わせ先 冨江英俊 tomie@kwansei.ac.jp

カテゴリー: 未分類 パーマリンク