学校や大学が休校(講)のなかで子どもたちは?

学校や大学が休校(講)になり、子ども達や大学生たちに、このように過ごしなさいという大人からのメッセージは、新聞にもよく載っている。「家族との会話の時間を多くしよう。今自由に使える時間ができたと前向きに考えよう。勉強の復習をしょう。わからないままになっていた言葉や事柄を調べてみよう」など。しかし、実際小中高校生や大学生が日々実際どのように過ごしているのかに関する報告はあまりない。

大学生の場合の経済的なことの報道はある。一つは大学生のアルバイトできるところが減り、教科書代も払えない学生が出ていること。もう一つは、オンライン授業を行う大学が多いが、オンラインで受信する機器(PC,タブレット)を購入したり、スマホの容量(ギガ数)を増やしたりしなければならず、出費がかさむというもの。実際の授業のないことから、授業料の減額要求も出てきそう。

①  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000015-ryu-oki

① https://mainichi.jp/articles/20200406/ddl/k04/040/050000c

カテゴリー: 未分類 パーマリンク