大学のテニス部

今日(23日)は、敬愛大学のテニス部の練習に少し参加させてもらった。場所は、佐倉市にある千葉敬愛短期大学のテニスコート。
昔武蔵大学に勤めていた時、テニス同好会の顧問をしていたことがあり、夏合宿に参加したことはあるが、その時は私も若かったし同好会だったが、今回は大学の部活のテニスの練習ということで、少し感じが違った。
大学の部活の練習というのは、試合に勝つための練習ということである。テニスを楽しむというのとは違うなという印象をもった。練習の中でシングルスやダブルスの試合もするが、それはあくまでこれから他の大学との対抗試合に備えてのもので、試合を楽しむ為のものではない。テニスの腕の向上を目指し、ひたすら練習する。 敬愛の学生たちのテニスの腕の程度はなかなかで、何より若さからくるパワーがあり、力で相手をねじ伏せるという勢いを感じた。
テニス部の学生たちは皆仲が良さそうだったが、テニスの性格から、個人主義的な感じを受けた。野球やサッカーのように、チームで一丸となって、試合に臨むという感じではない。
自分も含め、大人のテニスは、試合に勝つというよりは、テニスを楽しむ為にやっているな、と今日改めて、大学の部活との違いを認識した。これは、他のスポーツ系の部活にも言えることであろう。高校までやってきた部活のスポーツを、大学の部活では続けない学生をよく見かけるが、その意味ややっと分かった気がした。

img_4329img_4322img_4321

カテゴリー: 未分類 パーマリンク