外国人と日本文学談義

谷崎潤一郎論でPh.Dを持つ外国人の日本文学研究家ポール・マッカシー教授と、日本文学談義。教授は永井荷風が一番好きな作家だという。漱石や谷崎は読んだことがあっても、永井荷風を一冊も読んだことがない無知を恥じる。

それにしても、後輩の渡部真氏(教育社会学者)の博学には感心する。考察も鋭く、文章もいい。
http://sociologyofyouthculture.blogspot.jp/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク