塾の費用

一昨日(12日)今日の「地域とこどもの教育論」では、学習塾のことが話題になった。「学習塾はお金がかかり、親の階層格差を拡大するもので、いいものではない。学校の教育で事足りるようにすべきではないか」という私の発言に、敬愛の多くの学生は、「放課後自分で勉強することは難しいので、学習塾は必要」という意見が多かった。 敬愛の学生で中学受験をしている学生は皆無なので、大手の進学塾には通った経験はなく、塾の費用に関して、あまり知らないのではないか。

以前、今の小学生に違和感をもつKさんが言及していた塾は月謝が3万円とのこと。随分高いと思ったら、安い方だという。御三家(男子校の開成・麻布・武蔵、女子校の桜蔭・女子学院・雙葉)などをめざす大手の塾の費用は、下記のようと聞き、びっくり。

<中学受験をする場合、“12歳の春”を目指して、小3の終わりの2月に始まる「小4クラス」から3年間通う家庭が多い。塾の費用は、授業料、教材費、定例テスト代、模試、対策講座、季節講習など。日能研を例に取ると、3年間で約215万円になります。内訳は、小4約45万円、小5約65万円。6年生になると約105万円となります。受験費用、その他諸費用を加えると230万円><塾によってどれくらい違いがあるのか。小6の年間費用で比較しると、SAPIX、早稲田アカデミーが約120万円、日能研、四谷大塚が約105万円、栄光ゼミナールが約95万円、市進学院が約90万円>。(http://president.jp/articles/-/11344

年間100万円以上かかる進学塾に3年間以上通わないと、名門の私立の中高一貫校に入れない、ひいては銘柄大学に入れない、というのは、明らかに親の階層の再生産が教育を通して行われているということであろう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク