卒業旅行について

これから大学も卒業式のシーズンで、卒業式や謝恩会はどうなるのであろうか(上智大学や敬愛大学では卒業式は中止になっている。他の大学も同様であろう)。大学生にとって、これまで日常的に会っていた人たちと、卒業式を境に(意図しないと)会う機会もなく、一生の別れのようなところがある。それで、仲のよい友達と思い出作りに「卒業旅行」をすることは大切なことだと思う。卒業旅行は、昔からなされてきたように思う。私の場合は、もう半世紀以上前になるが、学部卒業の3月に男4人で、九州一周の旅(ほとんどユースホステルに泊まった)に行ったことが、いい思い出になっている。大学後輩のT氏より、私のブログを読んで、自身の卒業旅行に関して、思い出を語ってくれた。

<3/7付の「南房総のお花畑」を読みまして、とても懐かしく、メールさせて頂きます。私が大学を卒業する時に「卒業旅行」で行ったのが、南房総だったのです。男3人で行きました。東北出身と九州出身の人で、お2人とも故郷にUターンするということで、関東近辺には来にくくなる、遠くまで行く気はない、それでやっぱり暖かいところがいいよねーということで、決めました。1泊2日で、ちょうど今頃(3月上旬)に行きました。千倉のお花畑でポピーを摘んだり、泊まったホテルでパターゴルフをしたり、何かの史跡(城跡でしたか)に行ったりしました。とてもいいところで、しかも空いていて、みんな満足しました。大学教員になってから学生に「卒業旅行はどこに行ったのですか?」と時々聞かれますが、「千葉県の房総半島の南の方に、男3人でお花摘みに行った。」と言ったら、たいてい絶句されますが、それがまた気に入っています。この度、菜の花に囲まれたお孫さんの写真を見て、一気に鮮やかに当時の記憶が蘇りましたので、メールさせて頂きました。>

、今の学生に「千葉の房総半島に卒業旅行に行きましたというと、絶句される」というところがいい。普通は卒業旅行というと海外旅行が定番だと思うが、この新型コロナウルス騒ぎで海外旅行がままならなくなっている今、近場で人も少ない房総はお手頃かもしれない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク