住むところ

 都内の河縁の高層マンションが立ち並ぶ一角の部屋を訪ねる機会があり、出入り口で待っている間、そこのマンションに出入りする車や人を少し観察させてもらった。
 車はベンツやBMWなど外車が多く、日本車も高級車のレクサスがほとんど。住んでいる人は皆セレブに見えた。
 部屋の分譲価格はいくらかわからないが、ここは都心(中央区)で、借りると2DKで20万円以上するという。夜は部屋からは隅田川や遠くに東京のマンション群の明かりが見え、なかなかの眺めである(下記写真1)。

 本日(4日)、自転車で通りかかった千葉(検見川浜)の団地は5階建でエレベーターもなくもう築40年以上立っているので、その価格は、上記の東京のマンションの5分の1以下であろう(10分の1かもしれない)。それでも海や稲毛海浜公園に近く、団地内は紅葉もきれいで住みやすそう(下記写真2~3)。

 東京も千葉もそれほど離れているわけではない(50kmくらい)のに、この違いは何だろう。
 人は、どちらが住みやすいと感じるのであろうか。子どもを育てるのはどちらが適しているのであろうか。(自分が選択するわけではないが)いろいろ考えさせられた(もっとも私などは、収入によって選択の余地はないのだが)

追記、Mさんより、下記のコメントをいただいた。
<私の友人は都心の会社に勤めていましたが、住まいは電車で1時間半かかる埼玉の郡部でした。彼が述懐するには、何十年もの間、通勤時間を読書の時間に充て人生をより豊かなものにしてくれた、また子ども達も田園風景の中でのびのびと育ってくれた、田舎に住んだ本当に良かった、と言っています。>

IMG_0061

IMG_8100

IMG_8122

カテゴリー: 未分類 パーマリンク