「梨泰院クラス・ロス」

これは私だけの「梨泰院クラス・ロス」なのか、それとも誰が見ても心動かされ、ロスになるドラマなのかわからない。今話題の映画「愛の不時着」や「マリッジ・ストリー」(4月17日の朝日新聞夕刊で絶賛)や「Glee」を見ても何かもの足りない。今朝のYahooニュースには、「梨泰院クラス」の反響が広がっていることが書かれていた(下記に一部転載)

<新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が広がるなか、動画配信サービスNetflixの利用者数が急増しているという。Netflixではちょっとした韓流ドラマブームが起きているらしい。ここ最近、Netflix日本国内の「今日の総合TOP10」で連日上位にランクインしているのが、『梨泰院(イテウォン)クラス』という韓国ドラマだ。3月28日から配信開始されて以来、常に上位にランクインするほど、不動の人気を誇っている。韓国の六本木”とも言われた梨泰院の街にひょっこり現れた“頑固者”の青年がのし上がっていく痛快なサクセスストーリーとなっているのが、『梨泰院クラス』だ。 何らかの理由で中卒の前科者になった主人公が、不条理な世の中に立ち向かって前へ前へと進み、壮大な野望を実現させていく。冷静な判断力と熱い情熱を持った青年の道のりが、多くの視聴者を一喜一憂させた。 韓国では今年1月31日から3月21日までケーブル局のJTBCで放送され、視聴率と話題性でトップを守り続けた。最終回の視聴率は16.5%(首都圏18.3%)をマーク。『梨泰院クラス』がここまで人気を集めた理由は何か。 主人公のパク・セロイ役を熱演した俳優パク・ソジュンの存在を挙げられる。 同性の男性たちが見ても惚れ惚れするような男気も感じさせる。また、今や世界的な人気を誇るBTS(防弾少年団や、俳優パク・ボゴムといった人気スターとのコラボも、大きな話題を呼んだ。主演パク・ソジュンとも親交が深いBTSのVは、自らプロデュースしたドラマの挿入歌『Sweet Night』を歌って親友をサポートした。 いずれにしても『梨泰院クラス』。その人気は、しばらく続きそうだ。(慎武宏、Yahooニュース。4月18日)

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20200418-00173980/

また、ネットではいろいろ出ていて、バックの音楽が一部の映像と一緒に見ることもできる。https://coneru-web.com/itaewonclass-ost/

https://coneru-web.com/itaewonclass-ost/

追記;」友人から、下記のようなコメントをもらった。

<BTSのダンス解説をする講師が、やはりこのドラマを見た後、しばらくロスになったとのことです。BTSのVの歌が宣伝もしなかったのに76ケ国の音源チャートで上位になったと聞きました。BTSの人気はすごいですね。18日(土)、19日(日)、オンラインコンサートがありましたが、世界で最高220万人が同時視聴したそうです.。私も一つ推薦したい韓国ドラマがあります。「雲が描いた月明かり」というドラです。俳優パク・ボゴムと女優キム・ユジョンが主人公の大河ドラマです。いろんな世代の人々がみて楽しむドラマで、奥が深いです。 https://coneru-web.com/drama15/> 

追記 ネットフリクスで韓国の別のテレビドラマを観たが、題材は高校生の援助交際を扱っていて、そこに登場する人たちで人間的に魅力的な人はほとんどいなくて、酷いいじめやケンカや格闘場面が多く、見終わって、嫌な後味だけが残った。当然のことながら韓国のドラマが皆いいわけではない。別に文部科学省推薦のドラマを求めているわけではないが、人の醜い面だけを描くドラマの存在意義はどこにあるのか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク