「日本子ども社会学会」東京地区研究会のお知らせ

下記のように、東京地区の研究会を開催します。どなたでもご自由にご参加ください(一般公開、当日参加可能、参加費無料)。

日時 12月10日(土曜日)午後2時~午後5時
場所 上智大学 11号館2階 11-209教室
(JR・地下鉄 四谷駅下車 徒歩3分)
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
(11号館は、大学正門より入り、30m進んで右折して、約70m進み、斜め左に坂を下り、右にカーブし、真っすぐ正面の建物です。エレベーターで2階へ)

プログラム
Ⅰ部 2時~3時20分、  司会 岡崎友典(放送大学)
報告 牧野修也(神奈川大学非常勤講師)
報告テーマ
「子どもと『ツール化』する地域社会
-地域社会との関係の問い直し-」
討論者 若林敬子(東京農工大学大学院特任教授)
Ⅱ部 3時30分~5時   司会 望月重信(明治学院大学名誉教授)
報告  牧野智和(中央大学非常勤講師)
報告テーマ
「ジーン・バランタイン『教育社会学』の子ども研究への含意」
討論者  野崎与志子(ニューヨーク州立大学)

(終了後、懇親会も予定しています)

<企画・コーディネイト>
加野芳正(日本子ども社会学会理事・研究交流委員会委員長)
望月重信(日本子ども社会学会理事・将来構想委員会委員長)
武内清 (日本子ども社会学会理事・会長)

<問合せ先>
武内 清(敬愛大学) fwne3137@mb.infoweb.ne.jp

カテゴリー: 未分類 パーマリンク