月別アーカイブ: 2014年3月

卒業おめでとう

敬愛大学の卒業式は、大学のアリーナで、例年通り行われた。卒業おめでとう。 卒業証書は、ゼミごとに配布するとのことで、全体の卒業式の後、ゼミ生が集まった。今年の私のゼミは男ばかり6人なので、少し殺風景。隣のゼミから一人女子 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 卒業おめでとう はコメントを受け付けていません。

ブログを書けない

放送大学でご一緒している先生から、「最近ブログを更新していませんね」と言われた。 高名な先生が、私のブログを時々見てくださっているとは、光栄である。しかも、その先生に無駄足を踏ませてしまって、申し訳ない気持ちで一杯である … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | ブログを書けない はコメントを受け付けていません。

教育社会学の特質 (8日の話の原稿の一部)

 教育社会学のその特質を、簡単に言いますと、第1に客観性、第2に実証性、第3に脱イデオロギー(傍観者性)の3つあったように思います。当時の教育学が、主観的で、思弁的(哲学的)で、イデオロギー的であったことへの反動で、教育 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 教育社会学の特質 (8日の話の原稿の一部) はコメントを受け付けていません。

放送大学文京学習センター 客員教授 退任講義

本日(8日)は、放送大学文京学習センターの客員教授の退任講義というものがあり、多くの方が聞きに来てくれた。素敵な花束を自主ゼミの方と放送大学の職員の方からいただいた。心より感謝したい。 講義の方は、私としては、準備し過ぎ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 放送大学文京学習センター 客員教授 退任講義 はコメントを受け付けていません。

学生にとっての教師

大学教師と学生との関係というのは、どういうものなのであろうか。 私の知り合いの80歳になる教育史の先生が、毎日神棚にお祈りするとき、恩師の名前を唱え、お礼を言うという。また、もう一人の80歳の先生は、学生時代に、指導教授 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 学生にとっての教師 はコメントを受け付けていません。