電車が1時間に1本のところ

 そんな距離が遠いわけではなくても、電車の本数が少ないと、遠くに感じ、実際行くのに不便である。 
 私の住んでいる千葉県では、東京から見て千葉駅までは、頻繁に電車が出ているので、そんなに遠くに感じないが(ただ他の都道府県の人から見たら、千葉駅も「辺境」にあると思えているであろうが)、千葉駅より先は、いろいろな線(総武線、成田線、外房線、内房線等)に分かれ、その本数が、急に少なくなる。
昨日(24日)に行った外房の「御宿駅」も1時間に1本(他に特急が1本あるが)だし、今日(25日)に行った総武本線の「干潟駅」も1時間に1本であった。
2~3分に1本の電車が来る都会より、このような、1時間に1本しか電車が来ないところ(田舎)に暮らしている方が、のんびりして、人生楽しいかもしれないと思った。自然はあるし、人はおっとりしているし。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク