藤原新也のオフ会(不参加記)

藤原新也が、会員制のサイトの会員に呼びかけて忘年会(オフ会)を開いた(12月26日)。よほどそれに申し込み、参加しようと思ったが、思いとどまった。
思いととどまった理由は、いくつかある。
① 最近千葉に籠りきりで、東京(忘年会の場所は大久保)に出て行くのが億劫。
② 藤原シンパの人ばかりとはいえ、30人の見知らぬ人と話すのは億劫。
③ 自分のスタンス(職業他)をどのように打ち出せばいいのか不明。
④ 参加写真が公開されると思うが、それへの覚悟が必要。
以上のことが主な理由だが、それ以外に、次のようなことを思った。

私は藤原新也の書かれたものに惹かれ、ファンの一人であるが、藤原新也と個人的に知り合いになりたいわけではない.また氏の素顔を知りたいわけではない。「藤原新也」を演じている藤原新也を見たいだけである。それには、藤原新也の素顔が多少なりとも出てしまうく忘年会(オフ会)に参加するのは、あまり得策ではない。「藤原新也」が演じられる講演会を聞きに行った方がいいであろう。
 
昔、多田道太郎が、人がアイドル(ヒロイン)に惹かれるのは、アイドルの素顔(実像)ではなく、そのアイドルを通して、自分の理想のイメージ(虚像)を追い求めているである。自分の前に実像が現れたら、「それは違う」と言ってしまう、というようなことを書いていたように記憶する(『管理社会の影」』)。*
これとも少し違うが、要するに素顔を知りたいわけではない。社会的な姿をみたいだけである。知り合いが学会発表や講演をする姿をみたい、というのに近い。

26日に開かれたオフ会の様子を、藤原新也は、参加者の写真入りで報告している(CATWALK、12月27日)。それを見ると、藤原新也に表裏がなく(つまり実像も虚像の落差がなく―それが魅力なのであろう)、参加者は、旧来の友達のように打ち解けていて、私の心配は、杞憂だったようだ。

*「恋愛についていえば、それはオリジナルの向こうに、オリジナルを超えて自分だけの夢を見ることである。(中略)もし、ほんとうのオリジナルである女優が彼の前に現れれば、彼は「それは違う」といわざるをえまい」(多田道太郎『定本管理社会の影』ブリタニカ、1979年、21ページ)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク