曖昧なグレーゾーンが大切

Shinya talk らの転載
「私は旅をしていて国境と国境の間のグレーゾーンとおぼしき土地や島に足を踏み入れることがあるが、国と国との関係はそのグレーゾーンという不分明な時空によってお互いの沽券をなんとか保っているということがある。
というよりグレーゾーンというのは摩擦を引き起こすゾーンでもありながら互いの為政の方法によっては国境間の摩擦を避けるための潤滑ゾーンになっているとも言えるわけだ。
だが昨今、マルかバツかという二者択一的な気分が普通の人々の中にも横行し、その中庸というものが失われつつある。」(http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク