日本子ども社会学会19回大会

以前に書いたように、6月30日(土)と7月1日(日)の2日間、「日本子ども社会学会第19回大会」が開催される。今日(29日)の夕方に理事会があるので、私もこれから午前中に神田外語大学での「教育社会学」の授業を行った後、会場の国学院大学多摩校舎に駆けつける。

大会委員長の新富教授より、先ほど下記のようなメールをいただいた。学会HP http://js-cs.jp/ より、プログラム http://js-cs.jp/ を見て、興味があれば覗いてほしい。震災と教育の関係を扱った公開シンポジウム(参加無料)も、7月1日の午後に開催される。

新富・國學院大學人間開発学部長からのメール(一部転載)

<これと言ったおもてなしができませんが、ほぼ準備を終えることができました。本日、これから出発されるという先生方が多いと思います。どうか気を付けてご参加ください。また、周囲で迷っている先生や院生がおられましたら参加されるよう促していただけると幸いです。本学会は各分野で指導者的な先生方が理事として名を連なられております。その意味では懇親会での交流も単なる親睦会で終わらないところに特質があると思われます。懇親会への参加もよろしくお願い致します。若手研究者にとって、大切な時間です。
ここで地方学会であれば方言を使いたいところですが、まだ上京して5年、平凡ですが、
これでしめさせて戴きます。どうか道中気を付けて、お越しください。((実行委員長)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク