年賀状について

年賀状に関しては、「高齢になり、来年以降もう失礼します」というお知らせをいただく場合もあり、私自身もそのようにしたいという気持ちがないではない。いろいろお世話になったり親交があったりした人でも、その後は会う機会もなく、年に一度の儀礼的な挨拶(年賀状)が続いてしまう場合も少なくない。年賀状をいただいても、心を鬼にして(?)、返事を書かなければ、そのまま年賀状の行き来が消滅するので、相手も「ほっと」するのではないかと思うこともある。私の場合はうっかり出し忘れたりするので、現実にはそのようなことは起こっているが、意図的にするのにはまだ抵抗がある。

そこで今取っている方法は、なるべく私の方からは年賀状を出さず、年賀状が来たら出すという方法である。これも相手に失礼に当たることは重々承知だが(特に目上の人に対して)、いただいた年賀状に返事を書かないよりはいいように思う。

ひところメールの年賀状が流行った時があったと思う。今はフェイスブックなどで年賀状のやり取りをしているのであろうか(私はやっていないのでわからない)。今回はメールでの年賀状は海外からいただいた1通だけである。もう少しメールの方に移行すれが、手間が省けていいのにと思う。それでも、懐かしい人からの紙の年賀状はうれしくありがたく捨てがたい。

追記 今年は何通かははがきではなくメールで年賀状のお礼(返事)を書いた。その方が近況や相手へのメッセージを詳しく書くことが出来た。おかげで何通かは再度返事をいただくことができ、お互いの近況がわかった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク