兵庫大学での講演無事終わる

兵庫大学・高等教育研究センターで7月28日に開催された講演とシンポが無事終わった。
参加者は50名ほどとそれほど多くはなかったが、会の中身は充実していたように思う。シンポの先生方の報告もそれぞれよかったが、センター所長・司会の有本章先生もこれからの大学のあり方に熱弁を振るわれ、聞きごたえがあった。
私は「現代学生の超多様化現象 ―調査を手掛かりにしてー」という題で、パワーポン(添付参照)と配布資料を使って1時間ほど話した。半分くらいは昔話した内容だが、半分は新しいデータや資料を提供し、言いたいことは言えたと思う。
加古川のホテルに1泊したが、このあたりは播州ということで、関西といえども大阪や神戸とも違い、人口減少はすすんでいるようだ。西明石から乗った新幹線が1時間に1本という少なさであった。しかし、、のんびりした雰囲気で親しみを感じた。

このところ私は千葉に籠っていた日々だったが、このような遠くまで旅行ができて、呼んでいただいた有本章先生に心より感謝する。


HU高等教育研究センター 公開講演会報告レジメ(武内)

IMG_6961

IMG_6962

IMG_6965

カテゴリー: 未分類 パーマリンク