インディアカについて

世の中には知らないことが多い。今日の午前中テニスの打ち方教室で一緒だった人が、午後はインディアカの練習があると言って、その羽を見せてくれた。バトミントンの羽の数倍の大きさで、ラケットを使わず手で打つという。こんなスポーツあるのははじめて知った。ネットで少し調べてみた。www.japan-indiaca.com/aboutindiaca/

<「インディアカ」は羽根の付いた特殊なボール(「インディアカボール」と呼びます。)を手で打ち合う、バレーボールタイプのスポーツです。インディアカボールは、ラケットなどを用いずに直接手で打ち合うことも大きな特徴です。ボールに付いている羽根は、小さいボールの滞空時間を長引かせることと、ボールをねらった方向にまっすぐにとばすことができる両面の作用があります。直接手で打つために、よりコントロールしやすく扱いやすいという特長があります。交流・楽しみのゲームから高度な競技にいたるまで、多様な楽しみ方手との身体接触がなく、心身にゆとりが生まれ、比較的安全で男女混合にも無理がないスポーツです。手で打ち合う動作は、全身運動であり、一汗かく運動です。スポーツを楽しみながら身体を鍛える効果も十分期待できるスポーツです。リズミカルな動き、全身のバランス、すばやい反応が競技や練習を通して養われ、若々しい身体の動きが約束されるスポーツです。インディアカは、旧西ドイツで考案されたスポーツです。スポーツ教師のKarlhansKrohnが1936年、ブラジルの伝統的なゲーム「ペテカ(Peteca)」をドイツに持ち帰り、「インディアン」と「ペテカ」の合成語としてインディアカが生まれました。>

カテゴリー: 未分類 パーマリンク