古本を捨てる

うちの近くでは、毎週木曜日が、段ボール、古新聞、古本などを捨てる日である。一昨日の木曜日に、家の近くのごみ置き場に、私が昔よく読んだ批評家の本が捨ててあり、驚いた。同じような本を読む人が、この近所にもいるのかという驚きと、このような本も今は捨てざるを得ないのかという哀しみである。

数冊束ねて捨ててあった本は、中野好夫、幸田文,岩野泡鳴の本などと一緒に、吉本隆明の著作集の1冊と、江藤淳の著作集の1冊である。吉本隆明と江藤淳は、イデオロギー的には左と右の人で、その両方を好きで読む人はそれほどいないと思うのだが、私と同じような趣向の人がいたとは驚きである。こんな千葉の田舎に、同じようなことを感じながら、生活していた人いる(いた)というのは、不思議な気がする。多分、同世代であろう。

追記1 詩論を扱った吉本隆明の著作集だったので、政治より文学好きの人の人なのかもしれない。それにしても、「人の捨てたものを拾わないまでも詮索するなんてはしたない」と反省もした。

追記2 吉本隆明や江藤淳はそんな一般受けする「批評家」(文芸評論家)ではないが、大学教員好みなのかもしれない。I氏が教えてくれたところによると、下記のように、二人の著作は競って、大学入試に出題されているという。

最近10年間の大学入試出題数対決でも両者肉薄。吉本隆明(13件) vs 江藤淳(9件)

2010 上智大学 (02-04) 吉本隆明「『死霊』の創作メモを読んで」/2014 早稲田大学 (国際教養) 吉本隆明「春の匂い」/2015 酪農学園大学 (02-05) 吉本隆明『夏目漱石を読む』/2011 南山大学 (02-11) 吉本隆明『詩の力』/2011 明治大学 (情コミ) 吉本隆明『詩の力』/2009 阪南大学 (02-10) 吉本隆明『真贋』/2017 清泉女子大学 (03-01) 吉本隆明『読書の方法』/2009 広島修道大学 (02-02) 吉本隆明『読書の方法』/2016 名古屋学芸大学 (02-07) 吉本隆明『日本語のゆくえ』/2016 法政大学 (02-07) 吉本隆明『日本的なものとはなにか』/2005 和歌山大学 (前期-教育・観光) 吉本隆明『父の像』/2005 東海大学 (02-12 文) 吉本隆明『柳田国男論・丸山真男論』/2015 福岡大学 (02-04) 吉本隆明の文章/2015 群馬医療福祉大学 (03-09)

江藤淳「アメリカと私」/2011 神戸学院大学 (02-07) 江藤淳「海老原喜之助の回顧展―短い滞日中の幸福な体験―」/2014 岐阜聖徳学園大学 (02-10) 江藤淳「近代散文の形成と挫折」/2009 京都女子大学 (01-29) 江藤淳「青年正岡常規」/2010 中京大学 (02-06) 江藤淳「歴史と伝統」/2014 京都府立大学 (前期-文・公共政策) 江藤淳『成熟と喪失』/2011 滋賀県立大学  江藤淳『批評家の気儘な散歩』/2008 立教大学 (02-14) 江藤淳『批評家の気儘な散歩』/2014 立命館大学 (02-03 全学部) 江藤淳の文章

カテゴリー: 未分類 | 古本を捨てる はコメントを受け付けていません。

お雛様を飾る

今の季節になると、毎年同じようなことを書いている。つまり「お雛様」のことである(2017年3月3日、2018年2月20日)。娘が1歳の時、買ったお雛様がまだ家にあり、毎年今の季節だけ外に出し飾る。お雛様も1年に1度くらいは明るい外の空気を吸いたいであろうし、感謝の意味を込めて、1年に一度飾ることにしている。男の子(孫)も「お母さんおめでとう」と言って、お祝いする

カテゴリー: 未分類 | お雛様を飾る はコメントを受け付けていません。

高校教員調査の雑誌での紹介

昨年出した報告書「高校教師の教育観とこれからの高校教育」(中央教育研究所、研究紀要NO。92)の内容を、教育雑誌『内外教育』(時事通信社)が、4ページに渡り,2回に分けて詳しく紹介してくれた。

 調査の報告書は、とかくデータの羅列が多く、よほど興味をもっている人でないと、読んでもらえない。このように、詳細な紹介はありがたい。主に、第2章(竺原執筆)と第10章(黒河内執筆)、および第8章(武内、浜島執筆)の部分が紹介されている(下記に添付しておく)。

カテゴリー: 未分類 | 高校教員調査の雑誌での紹介 はコメントを受け付けていません。

千葉も雪


今年は関東はほとんど雪が降らない。少し降っても積もることがない。千葉では今年2度目の雪だと思うが、今回は少し積もりそう。雪が降ると、銀世界に、子どもたちははしゃぎ、犬も喜び走り回る。大人も、非日常の景色に少しうれしくなる。

今日(9日)は暇だし、久しぶりに東京に出て、午前中は中央教育研究所のシンポジウムを覗き、午後は有楽町に行き、韓国映画「バーニング」を見ようと計画を立てていた。 しかし朝起き庭を見たら、一面雪で真っ白で、どうしようか迷った。                 「雪道で転倒したり、帰りの電車が止まってしまったらどうするの?」と家人に言われ、千葉に閉じこもる土曜日となった。

カテゴリー: 未分類 | 千葉も雪 はコメントを受け付けていません。

古井由吉の文章について

大学入試の国語の問題などは、どのようにして選ばれるのであろうか。入試は情報が外に漏れないようにするのが重要課題なので、教員皆で相談するというよりは、出題者の教員の選択に任されることが多いのではないか。すると勢い、出題者の教員の好みで題材が選ばれることになる。

I氏からの情報によると、古井由吉の文章が大学入試で出題されることは多いという(下記)。これは驚きである。古井由吉の文章は独特で慣れないととても読みにくい。それに情景の描写と心理描写が入り交じり、何を言っているのか理解するのに苦労する。特異な人、マニュアックな人でないと好きになれない。それが入試によく出るということは、国文学者の古井ファンが国語の入試問題を作り、自分の好みの文章を選んでいるとしか思えない。古井由吉ファンとしては、それはうれしいことであるが、一般の受験者にその好みを押し付けるのはいいことなのかと、少し疑問に思う。                『杳子』の名文だが、わかりにくい冒頭部分を出題している大学もある(添付参照)

追記 古井由吉の文章も、初期以降は読みやすくなっているのかもしれない。「夜中の納豆」(「聖なるものを訪ねて」平成17年収録)などの文章は読みやすく味わいも深い。入試問題の設問もよい。

t

[手元のデータから最近10年ほどで以下のよう](I氏からの情報)

2016 九州大学 (前期-教育・法・経済) 古井由吉「「時」の沈黙」/2009 和光大学 (02-02) 古井由吉「「聖なるもの」の行方」/2018 京都大学 (前期-文系) 古井由吉「影」/2009 大東文化大学 (02-08) 古井由吉「楽天の日々」/2015 福島大学  古井由吉「机の四隅」/2009 和歌山大学 (前期-教育・観光) 古井由吉「西念は黙って寝たか」/2009 明治大学 (情コミ) 古井由吉「辻占」/2008 南山大学 (02-11) 古井由吉「表現ということ」/2007 関西学院大学 (02-06 文) 古井由吉「夜中の納豆」/2008 東邦大学 (02-06 理) 古井由吉「杳子」/2009 九州産業大学 (01-30) 古井由吉『ひととせの』/2018 西南学院大学 (02-06) 古井由吉『楽天の日々』/2008 関東学院大学 (03-06) 古井由吉『言葉の呪術』/2011 津田塾大学 (02-06 学芸) 古井由吉『始まりの言葉』/2009 早稲田大学 (社会科学) 古井由吉『始まりの言葉』/2016 立教大学 (02-11 文) 古井由吉『聖なるものを訪ねて』/2009 武蔵大学 (02-07) 古井由吉『聖なるものを訪ねて』/2010 明治学院大学 (02-09) 古井由吉『先導獣の話』/2015 山梨大学  古井由吉『大人と子供の文学』/2011 南山大学 (02-13) 古井由吉『島の日』/2015 日本大学 (02-15 文理) 古井由吉『半自叙伝』/2015 立命館大学 (02-07) 古井由吉『半自叙伝』/2007 熊本大学  古井由吉『野川』/2015 成城大学 (文芸) 古井由吉の文章 font:minor-lat

カテゴリー: 未分類 | 古井由吉の文章について はコメントを受け付けていません。