授業の記録(敬愛大学、11月17日)

今日(11月17日)の敬愛大学での授業の記録を残しておく。

最初に、前回の社会的格差と教育というテーマでの講義のリアクションの一部をコピーして配布して、それを読んでもらい、社会的格差の再生産を阻止するために教育の果たすべき役割を再確認してもらった。
今回のテーマの説明を次のようにした。教育においては教育する相手(児童・生徒)の特質を理解しないと空回りに終わってしまう。子どもや青年(若者)の特質に関する記述を読み、過去から現在までの子ども・青年の変化を理解することはきわめて重要である。今日の講義テーマは、子どもや青年の特質について考えること。

まず私の過去に書いた子どもや青年の特質に関するものを読んでもらい、少し説明し(リアクション2、3)、次に1990年代の若者に関して、藤原新也の「浜崎あゆみ論」を読んでもらい(4)、浜崎あゆみの歌をyou tubeで聴いてもらい、そして2000年代に関しては藤原新也の「AKB48,指原莉乃論」を読んでもらい(5)、さらに、朝日新聞などがよく書いていた現代の若者は「さとり世代」だという論を読んでもらい、それへの意見を聞いた(6)。

リアクション(11月17日)  青年(若者)の社会学
1 前回のリアクションを読んでの感想
2 少し前(25年前)の子どもの特質な何か(武内清「遊びと若者」参照)
3 過去の青年の特質は何か(武内清「現代青年論の特質」参照)
4 1990年代の若者の特徴を、浜崎あゆみの歌詞から考える(藤原新也『名前のない花』参照)
5 2000年代の若者の特徴を、AKB48 指原莉乃から考える(藤原新也「5分後の世界」参照)
6 2000年代の若者の特徴を「さとり世代」と命名するのは適切か(「さとり世代」参照)。 
別の命名を付けるとすると、それは何?

配布した資料は、下記。

IMG_20171118_0001

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ありふれた子どもの写真

藤原新也の会員制のサイトにPhoto Awardという会員が写真を投稿する欄があり、なかなか味のある写真とコメントが掲載されている。
そこでは、動物(主に猫)や風景の写真が多く、人が写っているものは少ない。写っていても老人が多く、子どもの写真はほとんどない。世に子どもの写真があふれ過ぎていることの反発であろう。その中で私が投稿したのは、ありふれた子どもの写真である。少し周囲から浮いている。(転載する)。
 
子どもの真剣なまなざし(K.T.)
現在、子どもたちはテレビやインターネットで動画を見みて育っている。またオモチャは精巧になっている。車もさまざまな種類や車種があり、ボタン一つ押すピカピカとライトが点滅し走りだしたりもする。電車や列車も走りながらアナウンスが流れる。動物のぬいぐるみも動いたりおしゃべりしたりする。また昆虫のよく出来たオモチャが100円ショップで買えたりする。
今の子どもたちはこのような人工的な映像やオモチャに囲まれ、自然の風景や実際の生き物にのの接する機会が少なくなっている。
そのように育っている子どもが、実際の自然や生き物をみた時の驚きは大きい。
はじめて見る実際のクワガタは、ボタンを押さずとも動く。生きた昆虫をみる子どもには、真剣なまなざしが宿っている。
 使用機材:canon ixy 150  撮影年月日:2017年9月9日

IMG_7357

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ヤマアラシのジレンマ

「ヤマアラシのジレンマ」(相手を傷つけない、ちょうど良い距離感を保つ)ではないが、人との関係は、ある距離があった方が、長く良好でいられるように思う。
「教師と生徒の関係も距離があるからこそ良好が保て、教育が可能となる」と社会学者のウォーラーは述べている。「殺人が一番多いのは、夫婦間である」と上野千鶴子が強調していたが、夫婦では距離が近くなり過ぎて、殺人までいってしまうのであろう。

人と親しくなるとつい自分の好みも押し付けて、「こんな面白い本があるから読んでみたら」とか「こんな素晴らしい音楽があるから聴いてみたら」とか「こんないいものがあるから使ってみたら」とか、薦めてしまうことがある。特に教師はそうである。
人それぞれ好みがあるのだし、生活の仕方のパターン(作法や慣習)もあるので、たとえ少し親しい人にでも、自分の好みや生活のパターンを押し付けると関係が危なくなることを、自覚すべきであろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

HU高等教育研究センター ニュースレター

今年の7月28日に兵庫大学で、私が話した内容(「学生の超多様化と大学教育」)を、兵庫大学の高等教育研究センターの黄文哲さんがとてもよくまとめて、ニュースレターに報告してくれている。 
またセンター長の有本章先生が、ニュースレターに、当日のシンポのまとめを的確に書かれ、これからの高等教育のあり方に関して5つの点を指摘されている。
以下に転載(コピー)させていただく。

IMG_20171113_0001

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ジャッキー・チェンのアクション映画

日頃早寝早起きを心掛けているが、たまたま一昨日(10日)眠る前に付けたテレビの映画(NHKBSプレミアム)が面白く、眠るのが遅くなってしまった(就寝午前2時)

ジャッキー・チェン主演の「ポロス・ストリー/レジエンド」という中国映画。
そこで心に残ったことは2つある。
ひとつは、これは中国の旧い文化かもしれないが、壮年の登場人物にとって一番大切なのは、きょうだい(妹)や子ども(娘)であるということ。奥さんよりも血のつながったきょうだいや親子の関係がかけがいのないものとして描かれていること(若い世代にとっては、恋人優先)
もう一つは、父親が自分の娘の命を救うか、自分の命を守るかの選択を迫られ、迷うことなく前者(娘の命を救う)を選択する場面が鮮やかに描かれていたこと。
具体的には、警察官の主人公が1発の弾の込められたピストルを犯人から渡され、(自分の)娘にナイフを突きつけている犯人を撃つか(その場合は自分の娘も死ぬ)、自分を撃つか(その場合は娘の命が助けると犯人は約束している)の選択を犯人から迫られ、自分のこめかみに銃を当て引き金を引く。
それにしても、ジャッキー・チェンのアクション映画はすごい迫力。これで怪我はしないのかと心配になる。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。