水沼文平さんを偲ぶ(その2)

先月に亡くなられた水沼文平さんは、私より1歳若いが、今の時代にはめずらしい人だったように思う。仙台に育ち、仙台の高校の柔道部、大学卒業後は、教科書会社の営業部に所属し東北や北海道地区を担当していた。定年後は中央教育研究所の所長として、研究所の活動を活発化させた。大震災後の東北の学校への支援に理事会・評議員会のメンバーが多数駆けつけ講演・授業を行ったのは、水沼さんの陰の力があった。理事会・評議員会は、日本の教育関係者の錚々たるメンバーが集まり、水沼さんの発案で、単なる事務的な会議だけでなく、各自の研究報告(50分講義、7分スピーチ等)や議論も行われ、有意義な会であった。研究所のさまざなな研究プロジェクトの会合に、水沼さんは顔を出され、事務局としての節度は守りながら、研究を支えていた。

我々の「教育調査研究会」(旧教科書研究会)の2か月に1回くらいの割合で開催される研究会にも毎回出席され、調査の実査の便宜を最大限計って下さり、データ分析の為に開催した合宿(軽井沢、河口湖、湘南)にも、毎回参加され、有益な示唆を与えてくれた。研究会の若いメンバーの就職のことなども親身に心配してくれて、就職が決まると、わが子のことのように喜んでくれた。大変な読書家で、合宿では、暇があれば本に目を通している水沼さんの姿があった。司馬遼太郎のファンで歴史ものをよく読んでいたようであるが、ミステリ小説も好きで、その読書の幅は広く、カズオ⊡イシグロの本も全部読んでいて、その読後感を話し合ったことがある。

一度、河口湖で開いた私の敬愛大学のゼミ生との合宿に、水沼さんが参加され、粗野な(?)私のゼミ生の騒がしい行動に水沼さんの雷が落ちるのではないかと心配したが、その反対で、敬愛の学生の人のよさに水沼さんは感激し、その後研究所に学生を招きごちそうまでしてもらったことがある。水沼さんの人間性、包容力の広さに感心した。

風貌は古武士のようで、高倉健を思わせた。水沼さんが風を切って歩いていくと人が避けて通るという感じであった。それでいて、誰に対しも温かい眼差しを向け、困っている人がいると相談に乗っていた。「一つの時代が終わった」という浜崎あゆみのDUTYの一節がうかぶ。

研究所の我々の報告書「高校教員の教育観とこれからの高校教育」2018年にもコラムを寄せていただいた。(www.chu-ken.jp/pdf/kanko92.pdf 添付参照)

水沼さんの突然の逝去には、研究会のメンバーにも衝撃が走った。それは寄せられた下記のようなコメントからわかる。水沼さんへの追悼になればと思い、一部掲載させていただく。

「水沼前所長さまの訃報に接し、ただただ、人の命のはかなさを痛感している次第です。冥福をお祈り申し上げます。昨年、ちょうど今頃、私たちの研究会が宮教大であり、ご参加していただきました。お父様が仙台市の広瀬小学校の校長先生で、この学校が「生活つづり方」運動の1つの実践校であったことなど話しながら、楽しいひと時を送らせていただきました。寂しくなりました。」(K), 「水沼さん 早すぎますよ。まだまだこれから折に触れお会いできると思っていたのに。 福島でお世話になったこと、軽井沢での研究会など、思い出すこと数限りありません。 また、どこかで会えると、などと思っています。 安らかにお過ごしください。」(A) 「独特な個性ゆえ、初めはとっつきにくい印象がありましたが、次第に味のある暖かいお人柄であることが分かりました。水沼さんのお父様が地元で設立された幼稚園のことを知り、水沼さんと教育現場との縁を改めて感じた次第です」(J),「言葉が見つかりません。まったく存じませんでした。無念。とにかく悲しいです。彼の堂々たる容姿や浮き足だった心を落ち着かせてくれる力強い声や鋭い中に柔らかく輝く暖かい眼差し、今思い出しながら涙を振り払っています。なにかの間違いであって欲しいと理不尽な思いに囚われています。」(K)、 「院生時代から、ずっと、お世話になり、突然のお別れに、今はとても悲しく、言葉が出せないくらいです…。心からの感謝と、ご冥福をお祈り申し上げます。」(I)、「水沼様の訃報,驚いております.仙台つながりで大変かわいがっていただき,久しくお会いできず,ご恩返しもできないままで残念でなりません.ご冥福をお祈りしております.」(S), 「信じられない思いでいます。皆様とご一緒に研究会や「鬼平」で貴重な時間を、さらには軽井沢、河口湖、鎌倉などでの合宿、沖縄始め各地での学会発表の折りにたいへんにお世話になりました。そして、水野先生の「命の授業」も特別に見学させていただきました。本当に残念ですが、これまでのご指導に心より感謝申しあげ、ご冥福をお祈りいたします。」(S),「学会、研究会で多くのことを教えていただきました。何とも言えない気持ちです。水沼さんからは4月にメールをいただきました。この2か月で何があったのか、わからないのですがただただ残念です。」(H)、「あまりに突然すぎて、言葉もありません。ご冥福をお祈りいたします。」(T)、「水沼さんの訃報に接し、いたたまれない気持ちです。沖縄の大会にまでおいでくださり、常に研究・発表を見守ってくださった姿が印象的でした。ご冥福をお祈りいたします。」(N)、「メイルを1週間ぶりに開いた 次第です。水沼さんの逝去、あまりにも突然で言葉もありません。研究会の折に皆さんと水沼さんを偲びたいと思います」(O)、「本当に残念なことです。あの元気な姿は記憶に鮮明に残っております。人間の寿命や命のはかなさなど、いろいろ考えさせられます。」(K), 「水沼さんの訃報のお知らせ、突然すぎてやはり言葉をなくしました。73歳とはまだまだお若く、信じられません。水沼さんのことはたくさん思い出されます。ご冥福をお祈りさせていただきたいと思います。」(O)

カテゴリー: 未分類 | 水沼文平さんを偲ぶ(その2) はコメントを受け付けていません。

「教育原論」(第14回)(7月19日)の授業のメモ

今日は、前期の試験前最後の授業になりますので、半期のまとめと補足を行います。

まず、これまで皆さんが毎時間書いていただいたリアクションを全部まとめてお返しします。リアクションの評価は、ABCの3段階で付けてあります。私の方のメモでは、7段階の評価を付けていますが、皆さんには3段階で提示しました。いい方にとっていただければと思います。評価によって自信を失うのではなく、自信は強めていただきたいと思います。評価というものは、以前に「それは外部の基準で計られる学力ではなく個々の学習者がどこまで学んでいるかを自覚できて、次の目標に向けて努力することを促す「生成する知識」である。(内外教育2019・4・3)」と書きましたが、外部の基準による評価より学習者の学びの指針になるようなものなので、自分がどこまで学べたのかなという目安として受け取っていただきたいと思います。

授業のまとめは、項目だけ示せば、配布ブリント(下記)のようになります。内容は、テキスト、配布資料、リアクション、ノートをご参照ください。

2019年度1学期 教育原論 まとめ                                   1 教育とは、子どもの個性や可能性を引き出すことか、人類の文化遺産を教え込むことか 2 教育と社会(経済、政治等)は、どのような関係があるか。-教育の発展と経済の発展は、関係がある。3 幼児期の育てられ方のその後への影響は大きいが、育児様式は、国によって違いがある。(日本は過保護で甘えが許されるが、アメリカは自立をめざして厳しい 躾がなされる。)4 学校における「隠れたカリキュラム」とは何か。子どもは学校の何から影響を受けるか。5 「予言の自己成就」とは何か。(情熱や自尊感情はなぜ重要か?) 6 学校や学級では、どのようなルールがあり、どのようなマナーが求められているか。その機能(はたらき、効果)は何か。7 家庭と学校の違いは何か 8 学校で教えられる知識の特質は何か。知識が「生きる力」になるのは、どのような 時か。9 教育は、なぜ法律によって規制されているのか。10 「教育基本法」 とは何か。その内容の特徴は?11 学校は、官僚的な組織なのか。12 子どもが不登校になる理由は何か。13 学校でいじめが起きる原因は何か。どのような対策をとればいいのか。14 教育思想家とは、どのような人か。その主な内容は。15 発達課題とは何か。子ども期(学童期)の発達課題は何か、青年期の発達課題は何か。16 教師の仕事には、どのようなものがあるか。17 教師に求められる資質や心構えは何か。18 日本の教師は、なぜ多忙なのか。19 「チーム学校」とは何か 20 教師は、ジェンダー(男女平等)の観点から、どのような点に気をつけて、教育、指導をすべきか。(テキスト、1章、2章、3章、5章、7章、9章 参照。   それ以外は後期に扱う)

今日は、補足として3点申し上げます。配布資料(添付)をご覧ください。いずれも、私のブログに書いた内容なので、詳細はそちらを見ていただきたいと思います。(以下、アドリブで話す。)                                 1 教育とケアの違い   (引き出すと教え込む、実践と理論の違いに通じる)(7月4日)2 普遍性(客観性)にたどりつく方法(3つ) 地下を掘る―普遍性を探す (2019年7月16日 ) 3 社会階層(社会的格差)と教育 4 友達の大切さー「レンタルフレンド」から考える .

カテゴリー: 未分類 | 「教育原論」(第14回)(7月19日)の授業のメモ はコメントを受け付けていません。

第37回学校社会学研究会の開催


毎年夏に開催され、40年近く続いている学校社会学研究会の案内をいただいた。

日時は、8月29日(木)、30日(金) (受付 29日 12時)

場所  滋賀大学 彦根キャンパス 校舎棟2階7番教室

連絡先 

滋賀大学高大接続・入試センター児玉英明氏(hideaki-kodama@biwako.shiga-u.ac.jp

プログラムは、下記

カテゴリー: 未分類 | 第37回学校社会学研究会の開催 はコメントを受け付けていません。

水沼文平さんのご冥福を祈ります

このブログに時々、寄稿してくれていた水沼文平さん(前中央教育研究所所長)が、先月はじめに亡くなられたという知らせを受けた(享年73歳)。突然のことに茫然として、言葉もない。水沼さんと親交の厚かった人も多いので、私以上の驚き・哀しみの思いの人も多いのであろう。

水沼さんは中央研究所の所長時代、私たちの「教育調査研究会」の会合や合宿にも毎回出てきて下さり、有益な意見を出してくださった。遠方での我々の学会発表も聞きに来てくださり、また研究メンバーの個人的なことも気遣ってくださった。

親分肌の筋の通った生き方をする人で、また読書家であり、いろいろなことを学ばせていただいた。

私のブログにも、時々格調高い文章や歴史散歩の写真などを寄せていただいた。最後は、201948日の「仙台の歴史探訪」。(その前は、330日)

退職後は故郷の仙台に帰り、水泳、自転車、英会話、同窓会幹事などで、元気に過ごしている様子で、頻繁にメールをいただいていた。最後にメールをいただいたのは、2か月前の428日で、研究会メンバーや私の家族への気遣い、仙台の様子などが温かく穏やかなトーンで書かれていた。その後、私からのメールに返事がないのでどうしたのか心配していた。突然の訃報に言葉もない。もう少し、いろいろお話ししたかった。

水沼さんのご冥福を心よりお祈りします。安らかにお眠りください。

カテゴリー: 未分類 | 水沼文平さんのご冥福を祈ります はコメントを受け付けていません。

地下を掘る―普遍性を探す

ものごとを見る見方には、鳥観図と虫観図の2つがある。鳥観図は、ヘリコプターに乗って森を見下ろすようなもので、虫観図は地上を這いずる回る虫の視点で木の葉1枚1枚を見るようなものである。どちらも同じものを見るにしろ、見えるものが違っている。でも目指すものは、普遍性である。

普遍性を探すという面では、もう一つの方法がある。それは、一つの場所から地下を深く掘るという方法である。どの場所であろうと深く掘っていくと、地下水に行き当たる。それが普遍性である。ケースを扱う研究やカウンセリングは、個別を扱いながら、多くの人に共通する普遍性(地下水)を探ろうとする。

そのような個別を深く掘り地下水を探すという方法は、吉本隆明がどこかで言っていたように思う。同じことを村上春樹が言っているとのことを内田樹のブログから知った。それ箇所を、転載しておく。(blog.tatsuru.com/2017/05/14_1806.html )

「生まれつき才能に恵まれた小説家は、何をしなくても(あるいは何をしても)自由自在に小説を書くことができる。泉から水がこんこんと湧き出すように、文章が自然に湧き出し、作品ができあがっていく。努力する必要なんてない。そういう人がたまにいる。しかし残念ながら僕はそういうタイプではない。自慢するわけではないが、まわりをどれだけ見わたしても、泉なんて見あたらない。鑿(のみ)を手にこつこつと岩盤を割り、穴を深くうがっていかないと、創作の水源にたどり着くことができない。小説を書くためには、体力を酷使し、時間と手間をかけなくてはならない。作品を書こうとするたびに、いちいち新たに深い穴をあけていかなくてはならない。しかしそのような生活を長い歳月にわたって続けているうちに、新たな水脈を探り当て、固い岩盤に穴をあけていくことが、技術的にも体力的にもけっこう効率よくできるようになっていく。」(『走ることについて語るときに僕の語ること』、文藝春秋、2007年、64-65頁)「「書くことによって、多数の地層からなる地面を掘り下げているんです。僕はいつでももっと深くまで行きたい。ある人たちは、それはあまりに個人的な試みだと言います。僕はそうは思いません。この深みに達することができれば、みんなと共通の基層に触れ、読者と交流することができるんですから。つながりが生まれるんです。もし十分遠くまで行かないとしたら、何も起こらないでしょう。」(「夢を見るために毎朝僕はめざめるのです」文藝春秋、2010年、155頁)

カテゴリー: 未分類 | 地下を掘る―普遍性を探す はコメントを受け付けていません。