他者からの呼びかけ

運動能力のない私は、長年やっているテニスも卓球もなかなか腕は上達しないが、最近少し運運動(特に球技)のコツのようなものが1つわかってきたような気がする。
それは、相手の打った球の勢いやリズムをいち早く感じそれと一体化し、それに呼応するように自分の体を反応させ、ラケットを差し出したり振ったりすればいいということである。
まず、自分を無にして相手のリズムに乗るというのが、大切のような気がする。そのリズムを感じさえすれば、その後の自分の動作は自然に出てくる。

有名な内田樹氏のブログを読んで、氏が武道に関して書いていることが、これと似ているなと思った。(内田樹研究室 blog.tatsuru.com)

<武道の要諦もまた他人の内部で起きていることに感覚の触手を伸ばすことにある。武道の場合は、自他の心身の間の対立を取り去り、自他の境界線を消し、「眼前に敵はいるが、心中に敵はいない」という「活殺自在」の境地に至ることをめざすわけであるが、その能力はまた他者との共生のためには必須のものだ。>
<武道が目指すのは「いるべきところに、いるべき時にいて、なすべきことをなす」ことです。いるべきところ、いるべき時、なすべきことを決めるのは、私の自由意志ではありません。そうではなくて、私たちに対する他者からの「呼びかけ」です。「呼びかけ」、英語で言えば、vocationとか callingということになるでしょう。これらは「呼びかけ」とともに「天職」「召命」を含意する語です。他者からの呼びかけに応えて、私たちは自分がいつどこでなにを果たすべきかを知る。「呼びかけ」のうち、もっとも受信しやすいのは、「救い」を求める声です。飢餓、寒さ、痛みなどは、どれもそれを放置すると命にかかわる身体感覚ですが、それはいずれも他者の緊急な介入を求めています。
人倫の基本は「惻隠の情」ですが、言い方に言い換えると「緊急な介入を求める他者からの救援信号を感知すること」ということになろうかと思います。>

さらに、内田氏は、家事や教育一般や家庭科教育に関して、下記のように書き、このように相手の思いに気が付くこと、それに答えることの大切さを説いている。

<家事というのは、本質的に他人の身体を配慮する技術なのだと思う。清潔な部屋の、乾いた布団に寝かせ、着心地のよい服を着せて、栄養のある美味しい食事を食べさせる。どれも他者の身体が経験する生理的な快適さを想像的に先取りする能力を要求する。家事においては、具体的な技術以上に、その想像力がたいせつなのだと思う。>
<学校教育とは、子どもたちが「他者と共生できる能力」を身につけることができるように支援することだ、というのが私の個人的な定義です。
この場合の「他者と共生できる能力」の中には、言語によるコミュニケーション能力や、合意形成能力や、「公共意識」など、さまざまなものが含まれますが、どれほど高度な社会的能力にせよ、その基本には、「惻隠の情」すなわち「他者からの緊急な介入を求める呼びかけを聴き取る力」、そのさらに基本には「他者の身体経験、生理過程に想像的に同期できる能力」がなくては済まされません。
家庭科教育はまさにそのような能力の開発にフォーカスした教科であろうと私は考えています。生活をともにする人たちの身体の内側で起きていることに想像的に触手を伸ばすこと。そのような能力がどれほどたいせつなものであるか、それについての社会的な合意はまだまだ不足しているように私には思われます。>

内田樹氏の本は、これまで何冊か読んで、大学教員にしていろいろ評論を書き、高橋源一郎と同じような進歩的文化人という印象をもっていたが、その経歴を見て、自分も少しだけ重なるところがあり、もう少し読んでみようかという気になった。
経歴―1950年大田区下丸子に生まれる。1966年都立日比谷高等学校に入学、後に退学、1970年東京大学教養学部文科III類に入学。1975年同大学文学部仏文科を卒業。以下略

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

熱中症に気をつけて

この猛暑で、豪雨の被災地の方々は大変なことだと思う。何とか乗り切っていただきたい。
熱中症にも気をつけていただきたい。
<熱中症の代表的な初期症状として、めまい(目眩、眩暈)や立ちくらみ、一時的な失神があります。熱失神とも呼ばれ、炎天下や暑い室内での長時間労働やスポーツなどにより体内に熱がこもり、脳への血流が減ることと、脳そのものの温度が上昇することで引き起こされます>
<熱中症の初期症状であるめまいや立ちくらみ、一時的な失神などの熱失神を生じたときには、クーラーの効いた屋内や涼しい日陰で休ませ、衣服を緩めて風通しをよくし、体を冷やして、適切に水分を補給すれば、多くの場合は改善します。しばらく様子を見て、症状が改善しないような場合には、医療機関を受診するのがよいでしょう。
夏場の屋外や熱のこもる室内での活動の際には、こまめに休息と水分補給を行って、熱失神をはじめとする熱中症の予防をこころがけましょう。>
とある。

https://www.netsuzero.jp/learning/le01/case01-01

夏場の屋外や、熱のこもる室内したでの活動は、かなり危険で、こまめな休息と水分補給が必要とのこと。ボランティアの方も、熱中症には気をつけていただきたい。
下記のような事故も起きている。学校の指導も気をつけたい。
<愛知県豊田市で小学1年の男子児童(6)が熱中症で亡くなった。熱中症への注意を呼び掛ける高温注意情報が発表されていたさなか、太陽が照りつける屋外で校外学習を実施した学校の判断は適切だったのか。>
(朝日新聞、7月18日朝刊)

私は、この土日には卓球、今日(17日)は外の全天候のコートでテニスを2時間ほどした。休息を頻繁に取り、かなりの水分補給をしての運動であったが、この暑さと歳を考えるとそんな安全なことをしているわけではないかもしれない。
運動の後のビールがいかに美味しいからといって、無謀なことはしないようにしたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

WISCONSINマディソンでの生活について

その土地の風土(雰囲気や人間関係)は、時が経っても消えないものなのかもしれない。

知り合いのKさんが、白井青子『ウィスコンシン渾身日記』 という本を教えてくれた。
それは、アメリカWISCONSIN州の州都マディソンでの最近2年間の生活を、日本人女性が綴ったものである。Kさんの紹介文では、下記のように書かれている(一部抜粋)。

<内田樹さんのゼミ生だった筆者がご主人の赴任で2年間ウィスコンシンに滞在された記録。同じ海外滞在でも場所によってこれほど違うのかとびっくりしました。また筆者は大変な勉強家で語学学校に通い、カレッジでも講義を受講しています。気持ちの良い紀行文です。>

私も22年前に家族と1年間、WISCONSINマディソン(U.W.)で暮らした。
本の内容は、私の体験と重なるものがあるかもしれないと感じ、本を購入して読もうとしたが、ブログにその主要部分が載っていて、そちらを読んだ。かなり評判のブログであることを知った。

nagaya.tatsuru.com/seiko

マディソンという都市に関して、書かれていることは、私の印象とほぼ同じである。

<6月27日。マディソンは、夕闇に無数の蛍が飛び交う美しい季節である。この時期、マディソンに点在しているいくつかの美しい湖はその水面に白と青の空の色を映し込み沢山のカヤックやモーターボートを浮かべて、まるでモネかルノワールの絵のような美しい姿を見せる。この頃、夜の九時頃まで日は落ちないので、遠くで野外ライブの演奏がいつまでも楽しげに聞こえてくる夜もある。そうしてその音が消えたかと思うと、今度は薄暗がりの中、どこからともなく蛍の光がほうぼうで舞い上がり、そこら中で彼らのひと夏の求愛が始まるのである。穏やかでこの上なく美しくとても豊かな季節である。>

マディソンに住む人々の印象は、下記のように書かれていて、私の22年前の印象と一致する。それだけ、土地の風土が変わっていない。

<穏やかで平和で安全でクリーンでインターナショナルな学園都市であるマディソンには、あらゆる国の人々が住み、それぞれがそれぞれの文化や歴史に敬意を払いながら、思い合い、助け合って生きていた。夕暮れに行きかう人々は、知り合いではなくてもにこやかに挨拶を交わし、時に冗談を言って笑い合って去りゆく時もある。寛容で、いい意味でルーズでカジュアル。マディソンの良さは、人々の人間性も含め、優しくて素朴という点でもある。この豊かなマディソンの土地に染みわたる国際色豊かな養分を十二分に吸い込み、学び、笑い、人生で最も楽しかったと言っても過言ではない二年間を過ごすことが出来たのである。>

私や私の家族も、マディソンで毎日日本ではありえないほどの幅広い豊かな交友関係あったが、その相手はこの筆者と少し違っていた(白井さんの交友は主に語学学校の生徒で、極めて国際的)。
私たちが多く接したのは、娘の通った現地校の知り合い(校長、教師、同級生)、地域やYWCAや教会関係の人、UWの教授たち(4人の教授宅に家族ぐるみで招待された。これは上智の同僚の加藤幸次教授のお蔭が多い)である。レストランで会食するというより家に呼ばれたり、うちに来てもらったりした。日本人(大学院生、学部生、在学研究員)とも、日本では得られない気楽な深い交流があった(毎週日曜日は、私の住んでいたコンドの裏の公園にある無料のテニスコートで他の国からの院生もまじえて日本人同士でテニスをして、終わってからバベキューをすることもよくあった。その時の参加者は野崎さん、井口さん、山本さん、松尾さん、沢田さん,それに家族社会学の石原先生)など今の日本の学会で活躍している人たちが多い。子どもたちは、夏はそこのプールでよく泳いでいた)
1年間の気楽な別荘での生活だったような感じもするし、私にとっては過酷な1年間だった感じもする。

私のその時の記録は下記(上智大学教育学論集 30号 65-109頁 1995年度)
IMG_20180716_0001

Madison 
写真は、madisonjapan.wixsite.com/mjahomeより
この写真のテラスの椅子に座って、ビールを飲みながら、ジャズバンド(ロックバンドだったかもしれない)の演奏を聴いたこともある。週末には、クラッシックの演奏会も大学内で開かれ(2ドルくらいの入場料)よく家族で聴きに行った。
ただ、そんな理想郷のような場所ではないかもしれない。
マディソンにも黒人ばかりが住む地区があり、雰囲気が少し違う。大学のクラスでも黒人の女子学生に白人の学生が誰も話しかけない様子も見た。西海岸からトランスファーしてきた日本人学生と話したら、西に比べるとここは保守的で、人種差別を感じることもあると言っていた。私たちも車で1時間ほど北に行った風光明媚な場所で地元のレストランに入ったところ,白人ばかりで、冷たい周囲の視線を感じたことがある,

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

道徳教育について

道徳教育に関する授業を担当したことはないので、あまり道徳教育に関して深く考えたことはない。
ただ、かなり昔になるが、文部省の道徳教育担当の課の仕事を手伝ったことがある。それは、文部省がその時の子どもがリンゴの皮むきやナイフで鉛筆削りができないということから、子どもの生活技術に危機感を持ち、子どもの生活技術や生活習慣に関する教育的冊子を作るプロジェクトが立ち上げた時である。、それに参加した。
それが縁で、某教科書会社の道徳教育の副読本を作るプロジェクトにも参加した。そこで道徳教育を専門とする人たち(教科調査官、大学教員、現場教員、道徳教育担当の教科書会社社員)と接する機会があった。皆人のいい、道徳を心から愛する人たちで、教育社会学の研究者のように少し斜に構えて世の中や教育のことを考える「人の悪い」(?)人とは違うなと思った。
道徳教育の副読本を作る作業は、皆で教材になる物語や生活文をたくさん持ち寄り、その中から適切なものを選定するというもので、私も面白く、多少道徳的と思うものを10以上提出したが、採用されたのは1つだけだったように記憶する(確かオー・ヘンリー『二十年後』(After Twenty Years)で、中学校の道徳の副読本で読んだ人がいたら、それは私が提案したものです。)村上春樹の短編も1つ(確か、料理人に関するもの)提案したが、道徳的ではなかったようで採用されなかった。
「道徳教育が専門の大学研究者は少ないので、道徳教育の専門家になればすぐ有名になれますよ」というようなことを打ち上げの席で言われたことがあり、びっくりしたことがある(そのような発想で研究者が研究テーマを選ぶということがあり得るのはどうかはわからない)。

道徳的なことは私も嫌いではないが、既存の道徳や規範とは違うことを、子ども達に教えることはできるのであろうか。
今日の朝日新聞にハックルベリーフィンのことが載っていたが、ハックのような生き方は、道徳教育の教科書に載ることがあるのであろうか。
いずれにしろ、道徳教育を研究したり教えたりすることは難しいと思う。

新聞より一部転載(全文は、下記添付参照)

<ハックの特性は、世間の決まりごとも、法律も、偉い人の命令も、あんまり信じないところだ。じゃ、なにをもとに行動してるのか? それは“本能”と、善人として生まれたせいで潜在的に持っている“良心”なのだ。  危険を冒して逃亡奴隷ジムを助けたのも、思想的な行動ではない。そうするべきだと直感したから。それと、友達だからだ。“既存の権威を否定して、自分なりの道徳を発明し、仲間を命がけで守る”のが彼の生き方だ。> IMG_20180714_0004

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

授業のリアクション(コメント)、教育原論 7月13日

教育原論 リアクション(7月13日)  課外授業

1 前回のリアクションを読んでの感想
2 何か、自分の好きなもの、あるいは嫌いなもの写真を撮ったとして、それを絵にして、書いてもください。それに説明も加えてください。
3  藤原新也「課外授業」をみての感想
4 他の人にリアクションを読んでもらいコメントをもらう。

以前にも行った描画法(写真投影法)の授業。
学生の描く絵はなかなか上手だが、その絵に付ける文章はなかなか難しい(深く考え、センスのある文章を書くには時間が必要のようだ)

IMG_20180714_0002

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。