月別アーカイブ: 2017年2月

中東の問題についてのテレビ番組

敬愛大学国際学部には中東が専門の水口章教授がいる。著書も多く、中東の政治の話をよく新聞に書かれているが、今日はテレビでもお話しされるよう。中東政策は、今のトランプ政権のもとで、さらに混迷を深めている。いろいろ学んでいきた … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

研究者冥利に尽きる

長年研究し、出版した著作が世に認められるというのは、研究者冥利に尽きることであろう。日本の教育社会学研究の理論派の第1人者のである山本雄二氏(関西大学教授)が、長年研究してきたテーマの本を出版し、今日の朝日新聞の書評欄に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

教育社会学のマクロな見方

教育社会学は、教育と社会との関係を扱う分野だが、人の社会化に焦点を置くか、教育の社会的機能に焦点を置くかで、そのアプローチも違ってくる。私自身は、人の社会化に関心があり、教育の社会的機能というマクロな見方にあまり関心がも … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

我が家の雛飾り

各家々では、子ども(娘)が大きくなった時、雛人形はどうしているのだろうか。捨てることはないにしても、家のどこかにしまわれぱなしの場合も多いであろう。 我が家では、(昨年も書いたが)、とにかく1年に1度くらいはお雛様に陽の … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

老年学

新しい環境に置かれたり、新しい境遇になったりしたとき、そこで生き抜く方策を指南してくれる本を読むことは有効であろう。定年で職を退き、定年後老後を生きるということは、具体的にいろいろなことがあるのであろう。また現役で働く人 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。