ホームスクーリングについて

20年以上前になるが、WISCONSINのMadisonに1年間滞在した時、ホームスクーリングという言葉を初めて聞き、子どもを学校に行かせず親が子どもを家庭で教育する方法が、アメリカの各州で認められていることにとても驚いた。知り合いのHSの子どもの様子も見学した。それでホームスクーリングについて調べ、(日本の)学会でも発表し活字にもした。(上智大学教育学論集 30号 65-109頁 1995年度、IMG_20180716_0001)

それから、ホームスクーリングはどのようになったのか、きちんと調べることをしていないが、4月16日の朝日新聞朝刊に最近の様子が紹介されていた(『親が「先生」 米で増加のホームスクーリング、実態は』)それを読むと、20年前とあまり状況は変わっていないようにも思えた。ただ、少し新しいと思われるのは、下記の点である。

1 州によっては、学校関係者の家庭訪問を義務づけたりする場合もある。2 (ある)子供たちは、近くの「コンパス・ホームスクール」に通う。地域に住む現役教師や研究者らが週2回、5~18歳のHSの子供に様々な教科を教える。3 米家庭教育研究所によると、2017年時点でHSの子供は約200万人で、なお増加傾向にある。当初は白人が大半だったが、今は3分の1が黒人やヒスパニック系。ゲイサー教授は「以前はイデオロギー的な理由が主だったが、今は教育内容で選ばれている」という。大学など複数の調査で、「子供によりよい教育を受けさせたい」という家庭が半分以上を占める。4 親に教育経験がなくても、ネット経由で良質な教育を受けられるようになった。新たな需要に対応しようとオンライン教育の種類も増えている。5 HSが虐待の温床になっているとも言われる。「責任ある自宅教育連合」によると、00~12年、HSの家庭で虐待やネグレクトによって子供が死亡したのは84件。一般家庭よりもその死亡率は高いという。6(日本)では、「以前はメディアでHSについて話すと、ネットを中心に『教育放棄だ』と激しい批判を浴びた。最近はそれが減り、少しずつ受け入れられている感触がある」

上記は新聞記事で研究論文ではないので、どの程度正確な内容かわからない。アメリカの研究論文や教育雑誌を見て、現状を知る必要がある。日本では、今は学校の抑圧より家庭の児童虐待の方が問題になっているので、あまりHSへの関心は高まらないであろう。

カテゴリー: 未分類 | ホームスクーリングについて はコメントを受け付けていません。

齢をとっても柔軟に

一般に齢を取ってくると、体力の衰えだけでなく、気力も衰えてくる。気力が低下すると、外に出かけるのも億劫で、人に会うのも面倒になり、引きこもり気味になる。

また柔軟性を失い、頑固になる。この頑固さには、気を付けたい。テレビで見ていると、それほど高齢ではないが、「家族の乾杯」の笑福亭鶴瓶(1951年生まれ)や「にっぽん縦断 こころ旅」の火野正平(1949生まれ)などは、年寄りの頑固さより、柔軟性(一種のボケ、判断保留)が勝っていて、見ていてほっとする。この二人から学ぶものは大きいと思う。内田樹は、年寄りの頑固さに関して、的確な指摘をしている。一部抜粋しておきたい。(blog.tatsuru.com/2019/04/15_1348.html

<では、「心の健康」とは何のことでしょう。それは「複雑化」ということじゃないかと僕は思っています。一線を引いて、悠々自適になると、態度に際立った変化が起こる人がいます。頑固になるんです。「頑固爺い」になってしまう。不思議ですよね。世の中の利害得失から超脱した身分になったはずなのに、そういう人ほど「言い出したら聞かない」し、「人の話を聞かない」ようになる。たぶん本人は「世の中の些事はもうどうでもいいくらいにオレは解脱しちゃったんだ」というふうに自己正当化しているのかも知れませんけれど、僕の見るところ、違います。この人たちは「複雑な話」をする能力がなくなってきているんです。複雑さを処理する基本のマナーは「判断保留」です。中腰に耐える、非決定に耐える、年を取るとそれができなくなる。体力気力が衰えると、はやく腰を下ろしたくなるんです。中腰つらいから。オープンマインドとか「開放性」とかいうのも僕は同じことを指しているのだと思います。老人になって、現場を離れたことでまっさきに衰えるのは、この力です。自分をさらに複雑な生き物に進化させることで複雑な事態に対処するというソリューションが取れなくなる。むしろよりシンプルな生き物に退化することによって、事態をシンプルなものにしようとする。僕は「心の健康」というのはこのことじゃないかと思っているんです。老人になると、確実に身体は衰えます。でも、心は衰えに抗することができる。それは複雑化するということです。老いるというのは自己複雑化の努力を放棄することだと僕は思います。自戒を込めてそう申し上げます。(内田樹「『善く死ぬための身体論』のまえがき」より一部抜粋)

藤原新也は、齢を取ると人の話に耳を傾けず、自分に入り込みようになり他者の話が耳に入らない「オタク傾向」に陥ることを警告している。




カテゴリー: 未分類 | 齢をとっても柔軟に はコメントを受け付けていません。

桜が散り、初夏の花

4月も中旬になり、桜が散り、新緑がきれいで、初夏の花が咲き始めている。季節の変わり目に、健康に注意し、新しい学期を乗り切っていきたい。

先週は子ども(孫)の小学校の入学式をのぞき、(儀式好きの日本人を感じた。来賓が多く、その紹介や挨拶が長い。1年生と在校生が対面式で、これはいいと感じた)。敬愛の1年生の「教育原論」の授業の第1回を行った。(久しぶりの教壇でギクシャクして学生が少しあきれ顔。来週に挽回しよう)。昨日(13日)は久しぶりに卓球を1時間ほど行い、夜はその卓球愛好会の飲み会に参加(卓球を週に3~4回やっている高齢者がかなりいて、卓球好きで、元気な人が多い)。 今日(14日)は、稲毛海浜公園に行き、犬も一緒に初夏の花、庭園を楽しむ。もう鯉のぼりの季節。


カテゴリー: 未分類 | 桜が散り、初夏の花 はコメントを受け付けていません。

授業から深い学びへ

「内外教育」という週2回発行の教育関係の情報誌(4月2日号)に、短い文章を書かせてもらった。

「授業から深い学びへ」というタイトルを付けたが、それは「授業」を軽んじているわけではなく、「授業」こそ学びの基礎になり、「深い学び」に通じている、ということを言いたかった。

カテゴリー: 未分類 | 授業から深い学びへ はコメントを受け付けていません。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る

1年ぶりくらいに映画館で映画を観る。観た映画は、「ボヘミアン・ラプソディ」。日本で昨年の売り上げ成績NO1と言われる映画だが、昨日(10日)の千葉の映画館では私も含め観客は8名。映画(館)の斜陽を感じた。                     映画の内容自体は、前半の4分の3は以前に見たクイーンのドキュメンタリ―(テレビ)の方がよかったと感じる出来。しかし、最後の20分のクイーンのスタジアムでのライブの様子は圧巻で、一つのバンドがこれだけ多くの人を感動させることができるのかということを実感させるもので、これは映画館で大音響で聴く価値があると思った。                     ネットでこの映画の感想をみると(下記に一部抜粋)、同じように感じている人が多く、自分の感受性が平凡なこと自覚した。

「Queenの曲が良かっただけです」「伝記映画としても音楽映画としても、足りてない部分や踏み込みの甘い部分が多い映画だと思っている。(しかし)それ以上に、観客に応援したいと思わせるいい意味での隙のようなものが、この映画が描いているフレディ・マーキュリーにも作品自体にもある」「この手の映画にありがちな役者が本人を演じて歌うなどの演出が全く無い、全編の歌声をフレディマーキュリー本人の歌声を使うある種の英断で、ライブパフォーマンスはすこぶる良い。」「伝説のロック・グループの知られざる物語と、大音響で奏でられる実物の音源を使ったヒットナンバーがもたらす高揚感が、終始絶妙にシンクロして、恐らく劇場に詰めかけた観客の想像を大きく超えて魂を揺さぶり続ける。終映後、自然と拍手が巻き起こる。リピーターが劇場に足を運ぶ。彼らは、かつて、そして、今も心の中で口ずさむ”ボヘミアン・ラプソディ”の背後に、今は亡き”クイーン”のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの凄絶な孤独を垣間見て、強烈な昂ぶりの中で人知れず涙を流すのだ。”ライヴ・エイド”のステージと客席の一体感は何だ!?、すべてひとまとめにして高みへと導いていく音楽というメディアの凄さを、こんなにも強烈に体感させてくれる映画は珍しい。今も耳の奥でフレディの艶やかなハイトーンボイスが鳴り響いている。」「やはりこれは、映画館の大スクリーンで観てこそだと思います。終盤のLIVEエイドで感動しました。」https://eiga.com/movie/89230/review/ lsdprior

追記 「ボヘミアン・ラプソディー」の歌詞とその意味に関しては、ネットにいろいろな解釈が披露されている。たとえば、www.magictrain.biz/wp/blog/2018/06/04/

追記2 映画「ボヘミアン・ラプソディー」がアマゾンでレンタルできるというのでテレビで2度目を見た。2度目は細部がよくわかり音楽もよく聴けて、映画の出来もいいと感じた。

カテゴリー: 未分類 | 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る はコメントを受け付けていません。