間際のキャンセル、申し訳ない。

一昨日(6月30日)の学会の折、椅子から立ち上がった時、右膝の周囲に違和感が生じ,右足に体重がかかると痛み、片足を引きずりながら、何とか帰路についた。齢を取るとはこのようなことなのかと、暗澹たる気持ちになった。

サロンパスを張って一晩寝ても症状は変わらず、次の日近所の整形外科で診てもらった。(ただそこはあまり整形が専門ではないようで、)膝や足の痛みを少し調べたのとレントゲンを撮っただけで、「軟骨が薄くなっているようですね、張り薬と痛み止めの薬を出しておきましょう。1週間はあまり動かないように」という簡単な診断であった。

翌日(7月2日)に近所の卓球仲間の人に誘われて、東京ドームに巨人―中日戦を見に行く約束をしていたが、それをキャンセルせざるを得なくなった。(プロ野球観戦は人生で3度目、しかも東京ドームやバックネットからの観戦は人生はじめて。それが実現せず残念であったが、それ以上に誘ってくれたHさんには間際のキャンセルで大変申し訳なく思った)

 齢を取ると若い頃とは違い、いろいろな支障が出て、約束も果たせなくなるのが困る。安易に予定(約束)を入れることができない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク