素敵なブログ紹介

軽井沢在住の知人から、奥様の書かれているブログを紹介していただいた。軽井沢の自然、木々、鳥、動物に関して、とても素敵な文章が綴られている。それに、いい写真も添えられている。

 http://www.sophiart.co.jp/messay2012000.htm

 第3話から一部、転載しておきたい。
第3話 「木の香り」 2012年4月12日
2003年の春、いまから9年前のちょうどこの時期、パートナーと私は、ふと思い立って、生まれて初めて軽井沢を訪れました。もちろんこの地が避暑地として有名であることは知ってはいましたが、特に軽井沢という土地に魅力を感じることもなく、縁遠い存在として訪れる機会もありませんでした。事前の下調べもほとんどせずに、ふらっと訪れ、こじんまりしたペンションに宿泊しました。人影もまばらで、足元も春のぬかるみで歩きにくく、まだ草木も芽生えぬ時期ですが、凛とした冷たい空気が気持良く、静かで素朴な土地に不思議な魅力を感じました。たまたま、軽井沢の離山(はなれやま)通りの裏にある静かな別荘地の木立を散歩していたとき、どこからともなくとてもいい香りがしました。
ハッカのようにすっきりとさわやかでいながら、すこし甘酸っぱいような香りです。あたりには針葉樹の茶色くなった葉がたくさん積もり、頭上には大きなモミの木や、さまざまな落葉樹の枝が広がっています。
たくさんの小鳥の楽しそうな声が、そこかしこから聞こえてきます。まだ誰もいない別荘の庭の地面を柔らかそうなスギゴケが覆い、明るい陽だまりとなって輝いています。遠くの家のストーブの煙突からは、薪を焚く香ばしい煙がゆらゆらと上っているのが見えます。
この不思議な香りは、一体どこから来るのでしょう・・・。
いい香りの記憶は、静かな木立やにぎやかな小鳥たちの声、明るい日差しと渾然一体となって「気持ちよい」という感覚とともに奥深く沈んでいきました。
その香りの記憶に導かれたのか、縁あって私どもは離山通りの近くに住むこととなりました。そしてのちに、ソフィアート・ガーデンを作っていく際にも「香り」というキーワードは私にとってとても大切なものになりました。
四季折々に、その季節だけに許された自然の放つ良い香りを、存分に味わいたい。木だけではなく、もちろん草花も土も含めて、自然界の香りの豊かさを思うと、嬉しくなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク