社会的地位や金銭に価値はない?

達成動機、加熱(ウォーミング アップ)、立身出世(主義)、アメリカンドリームなど、偉くなろうという気持ちは、現代も若い人々の中に存在するのであろうか。

受験競争が過熱化していた時代は、そのような意識は強く、子どもたちは受験勉強に明け暮れていた時代はあった。受験競争に勝ち抜き、有名大学に入り、一流会社に就職する。年功序列の会社組織の中で、社会的な地位や高い収入が保証される。その競争に負けたものは負け組として過酷な生活を強いられた。

現在も社会的格差や非正規雇用者の悲惨さ、子どもの貧困などが問題視されながらも、高学歴や立身出世を目指す若者は少なくなっているのではないか。 そもそも高い社会的地位、お金持ち、有名ということに価値がなくなっているような気がする。そのようなものより、身近な毎日の生活の中での楽しさ、快適さ、満足度の方が重視されるようになっているような気がする。便利なネット環境、夢中になれる趣味、素敵な出会いといったささやかな喜びに価値が置かれている。

それだけ、日本の社会が豊かになり、野心の冷却(クール・ダウン)装置がはたらき、ギラギラしたものがなくなったということである。(旧世代からみると、今の日本の若者には野心がなく、もの足りないと感じていることであろう)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク