放送大学東京文京学習センター・自主ゼミ(SEガーデン)

以前に放送大学東京文京学習センターの客員教授をしていた時、毎月2回ほど自主ゼミを開講していた。その自主ゼミは、私が辞めて後も、学生の皆さんが「SRガーデン」というサークルのような形で毎月1回(第2木曜日の15時30分~18時)に、文京学習センターの演習室で開催している(参加自由)。
私もメンバーの一人だが、東京を遠く感じるようになってから、参加は少なくなっている。

今度新しい試みとして読書会のような形式で開くという。読書会の第1回(12月14日)は私の愛読書の1つである江藤淳の『アメリアと私』(講談社、昭和44年)を取り上げるというので、久しぶりに参加する予定。
この本に関して、このブログでも2回(2015年8月11日、2016年2月3日)、言及している。
放送大学のメンバーには、下記のメールを送った。

久しぶりに、12月14日の自主ゼミに参加させていただきます。この頃私は1週間のうちで、働くのは3時間だけ(授業で2コマ)という暇な生活を送っているのですが、たまに頼まれた原稿がなかなか書けなかったり、千葉から出るのが億劫だったりして、なかなか自主ゼミまで足が向きません。
たまに東京に行くと、東京の人は千葉と皆服装が違うなとか、テンションが違うなと感じてしまい、おのぼりさんの心境で、ドキドキします。
今回、私の愛読書の1つを取り上げていただけるということで、御礼申し上げます。ただ、『アメリカと私』は、半世紀前の私の20代の時に読んで感銘を受けた本で、最近読みかえしてみましたら、やはり時代を感じてしまいましたので、皆さんに大丈夫かという心配があります。
それに、江藤淳は少し「くせ」のある人(?)で、好き嫌いが分かれるかもしれません。その人柄をよく知る人(慶応時代の同級生)から、なかなか「付き合いの難しい人」と聞いたこともあります。
思想的には、少し右(保守)寄りりの人かもしれませんが、左の吉本隆明とは気が合い、大江健三郎とは、最初は同世代で仲よく、後に喧嘩しています。子どもはいなくて、奥さんと仲が良く、奥さんが亡くなって少し経ってから、後を追うように自殺したのが、衝撃的でした。
私は、武蔵大学に勤めていた時、大学で講演を頼んだことがあり、一度だけお会いしたことがありますが、気さくな感じの人でした。名刺には、表に江藤淳だけあり、肩書も何もありませんでした。名刺に名前だけのものをもらったのは、後にも先にもこの時だけで、感激しました。では、自主ゼミの読書会を楽しみにしています。

追記 読書会に向けて最近もう一度読みかえしている。もう50年も前に書かれ、書いた江藤淳もこの世にいないのに、読むとその場(アメリカのプリンストン)にいるような臨場感を味わうことができる。文学の力はすごい。江藤淳の奥さんに対する態度(ジェンダー観)は今からみると古いと感じるが、アメリカの夫婦は孤独ながら、厳しいアメリカの競争社会の中で、夫婦が力を合わせてこそ生き抜くことができる(一人で生きるのはかなり難しい)と書いているのが印象的あった。(12月9日)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク