夏の風物詩―屋形船で花火を楽しむ

夏になると各地で花火大会が開かれる。
千葉でもいろいろなところの花火大会があり、うちでよく見に行くのは千葉市の花火大会(幕張の海浜公園で開催)や御宿の花火大会である。
花火大会は、無料で見ることができるのがいい。打ち上げの近くまで行けば、かなり大きな迫力のある綺麗な花火を見ることができる。
ただ、難点は、人が多すぎ混んでいて、押し倒されないかという身の危険を感じることがあることである。そうかといって、高い観覧料を払い、席を確保することのも気が進まない。

今回たまたま、屋形船から東京の夜景と東京湾花火を見るツアーに参加した。
屋形船に乗るのは生まれてはじめてだし、揺れるのではないか、人が多くて暑いのではないかと、最初あまり気が進まなかたが、実際乗ってみると、なかなか風情のあるものだと感じた。
80人乗りの船に50人ほどの乗車で、ゆったりしていて、冷房もきいていて、トイレも付いている。案内係の人が下町風に親切で、東京の下町のよさを感じた。
東西線の木場駅の近くの船着き場(昔からの水路の川、東京の昔の交通に思いを馳せた)から乗って、晴海などの海浜を周遊し、レインボーブリッジをくぐり、お台場に到着し、そこで停泊して花火を鑑賞。多くの屋台船が参集していた(我々の乗った船は年寄りが多かったが、なかには、若い人だけが乗ったにぎやかな船もあった)
船から眺める東京の夕焼けに生えるレイボ~ブリッジや高層ビルもなかなか綺麗。近くで見る花火も迫力満点。打ち上げられた花火が水に写りゆらゆら揺れて情緒があった(下記の写真参照、クリックすると拡大する)。

屋形船というのは、かなり古るからあったもののようである(その歴史に関しては、たとえばyakatabune.tokyo/history/
参照)
花火以外の時もいろいろなクルーズがある模様。何かのイベントで、皆で乗ったら、とても楽しい会になると思った。www.team-yoshinoya.com/yakata.html

IMG_0612

IMG_0620

IMG_0638

IMG_0642

IMG_0643

IMG_0645

カテゴリー: 未分類 パーマリンク