スポーツの上達について

どんなスポーツもライバルや見知らぬ相手と試合をして自分の腕を試した方が、上手になることであろう。試合があれば、それの勝利を目指して日頃の練習にも力が入る。そのようなことはわかっているのだが、私の齢だと上達するということはあまり望めず、対外的な試合に出ることはない。                                    

卓球はたくさん対外試合があるようで、卓球仲間はよくそれに出て腕を磨いている。ただ卓球の試合に勝つには、巧妙なサーブや相手がミスを誘うような打球を打つ必要があるように思う。それは私にはあまりフェアではないような気がする。もっと卓球も真っ向勝負すべきだと思う(野球のピッチャーのストレートの剛速球と打者の対決のように)。それで私は卓球の練習では、フォアで相手と早く強い球を打ち合い、どちらが力勝ち(負け)をするかを試すのが好きである。                                  

テニスの場合は、私に相手の剛速球をうち返す力がなく、つい高い球(トス)や短い球(スライス)で相手のいないところに打ってしまうので、(真っ向勝負など)偉そうなことは言えないのだが。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク