クラシックのコンサートを聴きに行く。

ここ数年、若者のライブを聴きに行くことはあっても、クラシックのコンサートを聴きにいくことがない。
それ以前もそんなにはないが、東京文化会館等で聴いたクラシックコンサートや合唱などや、娘がピアノやバイオリンを習っていた頃の発表会やその先生のコンサートを聴きに行ったりする機会は何回かあった。
昨日、久しぶりにクラシックの音楽を音響のいいホールで聴いて、堪能した。

場所は地下鉄・新浦安駅前の「浦安音楽ホール」、演奏者はリカルド・カリア(チェロ)&板橋華子(ピアノ)である。チェロとピアノのアンサンブルでいろいろな曲が演奏され、その演奏と音色に魅了された。ヨーロッパの音楽の香りがした。とりわけ私はヤルネフェルト作曲「子守歌」が心に響いた。
クラシックの音楽会は奥ゆかしく、演奏者の曲の説明やトークがあるわけではなく、演奏者の思いは曲目と演奏で聴衆に伝えるだけである。聴衆の音楽鑑賞力も試されるようで少し緊張する。その緊張感がクラシックコンサートのよさかもしれない。

「浦安音楽ホール」は、今年4月にできたばかりのモダンなデザインのホールで、横壁が木の格子でできていて音が柔らかに聞こえる。新浦安駅の駅前にあり交通も便利で、使用料を調べると平日の夜4時間で18,780円と格安(東京文化会館の小ホールは296,000円)。このような素敵なホールで、いい音楽が聴けて、千葉県の音楽レベルが上がってほしい。

* 浦安音楽ホール  http://ebravo.jp/archives/33048
新浦安駅前にクラシック音楽を中心したコンサートホールが2017年4月8日オープン(商業施設内4F~7F)。コンサートホールは室内楽に理想的な響きと一体感に優れた303席。フルコンサートグランドピアノ2台(スタインウェイD、ヤマハCFX)完備。多目的に利用できるハーモニーホール(可動201席)、スタジオ5室(内GP3、UP1)を併設し、国内外の一流演奏家による公演やアンサンブルシリーズなどを開催。

こんな素敵なホールで、素晴らし演奏で、チケット代も高くないのに、席は満席にならず、クラシックの演奏家の苦労を感じた。(プログラムは下記)

IMG_20171029_0001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク