ふるさとの4番(今年も)

6月29日の敬愛大学の授業で今年も、教育と地域の関係を考えてもらうために、「ふるさとの4番」を作ってもらった。学生の地域意識、国家意識や今の気持ちが作詞に表れている内容であった。
読んだ印象としては、地元の地域名はあまりであまり出てこない、田舎の良さを歌ったものは相変わらず多い、ネット社会への批判も少し。国家意識へ批判的観点は見られない、などを感じた。
藤原新也の文章を読ませているのに、ネイション意識とカントリー意識の違いに気が付いたものは皆無。かっては、大学生の作った歌詞に「空から降る 死の灰 目に見えぬ 影あり 大きな力で左右れ 見放された ふるさと」「国家に退去 命じられ 1年が経ち 再稼働 原発の悲劇 何を学んだ 変わり果てた ふるさと」「国も政府も疑い 安全に住めない 環境に置かれて 誰が帰りたいと思うか(いや、思わない)」(2012年 ブログ参照)といったものがみられたのに、今の大学生に批判的観点が欠けている。今安倍内閣への支持率が年寄りと若い人に高いというのもうなずける。きちんと批判的観点を教える必要があると思った。

ふるさとの4番(敬愛大学 1年生)

八日市場よいとこ ほどよい風が 気持ちいい カブトもクワガタもたくさんいる八日市場においでよ
成田空港で 出発 成田山で 観光 ただひたすら 楽しんで 今を忘れぬ ふるさと
私の市 市原 みなに聞かれる 市川? 千葉市民に見下され 残ったのは 田んぼだけ
田んぼ畑 広がる きれいな夕日 たそがれ 母に呼ばれ 向かうと あたたかい ご飯 ふるさと
広き青き あの海 いつになっても 戻りたい 帰ると待っている 温かい人 心休まる あの場所
山も海もふるさと 手と手とつないで 口ずさむ 星が照らす ふるさと ここが私のふるさと
人や街並みは変わりゆく 色を添える花たち 涙もさけびも 聞き入る
いつになっても 忘れぬ いつでも帰れる ふるさと 心いやす あの思い出 いつまでも変わらぬ
いつも みんな ありがとう 毎日が楽しい 夢に みんなが 出てきて どんな時も 楽しい
いつもみんなと楽しく 毎日が充実、笑いが絶えない仲間たち 忘れられない 思い出
いつも一緒にいた仲間 たくさん遊んで笑ったね 夢をみながら 頑張ったね 忘れがたき 思い出
満員電車 通学 駅から遠い 学校 長い坂道 帰りたい ふるさと
長すぎる 電車内 地味に遠い 学校 行き帰りもダル過ぎる しかたがないから がんばる
何のために 千葉まで めっちゃあつーい 死にそう ひとり暮らしも馴れてきたけど やっぱ 帰りたい ふるさと
この地のよさ気付かず 憧れ求めて都会へ ふとした時 思うは 郷の安らぎ 恋しき場は、ふるさと
ふるさとをおいて 都会へ 便利の中の 孤独感 山も川も恋しくて また1日 終わった
ひとり暮らし スマイル 鎖取れて 解放 自由に生きる私は 忘れない 田舎を
夢を追いて 都会の波にのまれて 人と比べていなくても ここも私のふるさと
日々追われて 邁進 振り返る 暇なし 安らぎは 何処へ たどりつく ふるさと
あの頃の景色は いつの間にか 消え去り 時代の波にのまれて 心の中 ふるさと
高齢化で ふるさと うちの店は ガラガラ でもすれ違うたび 挨拶かわし 月日経っても あたたかい
増えています じじばば とても目立つ少子化 近所の活気は減っていくばかり 元気になれふるさと
スマホ使い 連絡 みな集まり 下向き 画面を見て 楽しいか? スマホ依存 ふるさと
ネット社会 拡散、個人情報 ばらまく 誰かに見つかり 騙される 怖い世界 ふるさと
お金を使って また稼ぐ いくら働いても 貯まらない 貯金しようと 振り込むが 無理だった ふるさと
今は一人 核家庭 ワンオク育児に 介護する 疲れ忘れる 故郷
夢にみてた 贅沢 しかし 今は 虚無感 誰かに思われ 生きたい現代 気をしっかりもって生きよう
時代深き 富士山 ゴミの山も改善 どんどんきれいになっていくね 歴史の長き ふるさと
日本はとても良い国 差別はなし よい国 食べ物 飲料水 とても新鮮 忘れがたき おもてなし
日の丸あげて 我が国よ も待ちし ふるさと 懐かしや 兄弟よ 夢は今もめぐりて あい帰りて ふるさと
海、山、川、町、人 きれいな国 よい日々 けれど増えていく大気汚染 忘れないで ふるさと

IMG_20180707_0001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク