おせち料理

お正月のおせち料理の内容は昔からそんなに変わっていないように思う。ただ、その作り方や食べ方は変化している。うちでは妻が材料から作り、お正月に家で皆で食べるという伝統的な方法だが、おせち料理のセットを購入する家庭もあるだろうし、旅行先で旅館やホテルでおせち料理を食べる人もいるであろう。

昔はお正月はお寿司屋以外が店が閉まり、独身者は食べるものがなく困り、「来年は結婚しよう」と思い婚姻率が維持されたと言われるが、今は元旦から多くの店は開いていて、独りでも食べるものに困ることはない。

さらに、下記のように、ホテルでおせち料理のバイキング(ブッフェ)あり、優雅なおせち料理が、苦労することなく食べられる。(結婚費用と比べると、格段に安い。またおいしいかもしれない)

<RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU では、元旦から3日間おせちブッフェを開催いたします。伝統的なおせち料理を、平成31年にちなんで【31品目】ご提供いたします! ブッフェ台に並べるおせち料理は、数の子や、黒豆、伊達巻など伝統的な王道のものから、今回は一風変わった「平成のおせち」と「お茶おせち」もご用意いたします!是非当店でおせちをお楽しみください。当店のおせちは和食の料理人が12日間かけて仕込む本格派。「おせち料理は1日だけあればいい」といった方や都内に残る若い方など、多くの方のご要望にお応えできるのが、このブッフェ形式のおせち料理です。 おせち料理を存分に召し上がりたい方、手軽におせち料理を味わいたい方など是非お越しください。>

http://www.1899.jp/ochanomizu/osechi2019.html

カテゴリー: 未分類 パーマリンク